らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

CentOS8 + Network Namespace + VLAN で検証環境を構築する

以前に CentOS8 + Network Namespace で「管理用ネットワーク」と「検証用ネットワーク」を分離するメモを記載しました。 あまり無いと思いますが、場合によっては更に「検証用ネットワーク側はひとつのインターフェイスを複数の VLAN で利用したい」という…

macOS で Rectangle を使ってウインドウ位置・サイズをキーボードで調整する

macOS で Rectangle を使うとマウスを使わずに、キーボードショートカットだけでウインドウの位置やサイズを調整することが出来ます。

源ノ角ゴシック Code JP フォントをインストールする

エディタのフォントを source-han-code-jp にしたので手順をメモしておきます。

macOS のメニューバーアイコンを Dozer で隠す

macOS でメニューバーに常駐するアプリケーションが増えてくると、メニューバーが煩雑になり見辛くなります。 Dozer を使うと選択したアプリケーションを普段は隠しておくことが出来ます。 インストール Homebrew でインストール出来ます。 brew cask instal…

WASABI のストレージ使用率を AWS CLI で確認する

wasabi のストレージ使用率を Web UI から確認しようとしたところ、以下のように Bucket size information is unavailable at this point in time. Sizes are calculated once daily. と表示されてしまいました。 しかし、AWS CLI であればいつでもストレー…

CentOS8 でネットワーク接続名を変更する

CentOS8 で (ネットワークの) 接続名が「スペースを含むアルファベット」や「日本語」だとエスケープが必要だったり、取り回しが不便な場合があります。 そういった場合は接続名を変更してしまいます。

IOSv / IOSvL2 の OVA ファイルを作って vSphere 上で使う夢を見た

Cisco ルータやファイアウォールを仮想環境で利用したい場合、CSR1000v (IOS-XE) や ASAv を使う、といった手段があります。 しかし、従来からある Cisco IOS を仮想環境で使う手段は無いように思います。 以前、onePK が合った頃は all-in-one-vm 内部で IO…

VIRL 2 Client Library で CML を Python から操作する

VIRL 2 Client Library を使うと Python から CML を操作することが出来ます。 簡単な Python スクリプトを書いて CML 上にラボを作成する手順をメモしておきます。

Chrome ブラウザのショートカット一覧

Chrome のキーボード ショートカットページには OS ごとで利用出来る Chrome ブラウザの便利なショートカットがまとめられています。 中でも、特に自分がよく使うもの・使いたいものをメモしておきます。

vSphere 6.7 へ CML for Personal をインストールする

Cisco VIRL の後継ソフトは「VIRL 2.0」では無く CML ブランドに統一され、「CML for Personal」になりました。 インストール手順は Overview of CML 2.0 で説明されている通り、非常に簡単です。 基本的には OVA ファイルをデプロイし、ウィザードに従うだ…

Microsoft Teams の挙手機能を試す

Microsoft Teams で挙手機能が実装されましたので試してみました。 Microsoft Teams - raise hands in Teams meetings for GCC

CentOS8 に psmisc パッケージをインストールしてプロセスの詳細を確認する

Linux の psmisc パッケージにはプロセスの詳細を確認出来る、便利なツールが含まれます。 CentOS8 に psmisc パッケージをインストールし、含まれるツール群を試してみました。

CentOS8 で管理用/検証用インターフェイスを Namespace で分離する

CentOS8 でネットワークインターフェイスが複数存在する場合、利用方法は幾つか考えられると思います。 そのまま扱う (全インターフェイス同じルーティングテーブルに所属させる) インターフェイスごとに VLAN を分ける (8021q モジュールが必要) インターフ…

CentOS8 で諸々をアップデートするスクリプト

CentOS8 で諸々アップデートするのが面倒な為、自分の作業用スクリプトをメモしておきます。

Cisco CML のコンソールサーバ機能でノードへアクセスする

VIRL へ SSH すると Ubuntu を操作することが出来ましたが、CML へ SSH するとコンソールサーバとして利用することが出来ます。 尚、タブキーを使ってコマンドを補完することが出来ますが、(IOS のように) クエスチョンで候補を表示することは出来ません。

Cisco CML で最小限の構成を作り検証を始めるまでの基本操作

先日、Cisco DevNet Sandbox にある「CML Sandbox」を試すというメモを書きました。 今回は CML で最小限の構成を作り、起動するまでの手順をメモしておきます。

Cisco DevNet Sandbox にある「CML Sandbox」を試す

Cisco VIRL の後継、バージョン 2 に該当する CML for Personal のリリースは 5/12 だそうです。 So, to all of you who have supported the VIRL name, we thank you, and we know you’ll understand why we are announcing today that the product has a n…

Cisco CSR1000v 17.x 系 IOS-XE をコントローラモードに切り替える

17.x 系から Cisco CSR1000v の OS は「IOS-XE」と「SD-WAN」機能が統合されました (=OS バイナリがひとつになりました)。 但し、初期状態では IOS-XE 機能だけが起動し、SD-WAN 機能が利用出来ません。 コントローラモードへ切り替え、SD-WAN 機能を利用す…

vSphere 上の Cisco CSR1000v でシリアルポートを有効化する

vSphere 上の Cisco CSR1000v へ、仮想マシンの構成を編集してシリアルポートを追加しても、デフォルトではシリアルポートからコンソールの操作を行うことが出来ません。 これでは設定やログをコピー&ペーストしたい場合に不便です。 CSR1000v へ設定を追加…

CentOS8 で VRF 毎に分割した VLAN を設定する

検証用に CentOS8 へ複数の VLAN を設定し、更に各々の VLAN を異なる VRF へ設定する手順をメモしておきます。

Cisco VIRL 用の MikroTik CHR 7.0beta5 の qcow2 イメージ

以前に以下のメモを書きました。 VIRL に CHR を import する JSON Cisco VIRL 用の MikroTik CHR 6.40rc15 の qcow2 イメージ Cisco VIRL 用の MikroTik CHR 6.41rc18 の qcow2 イメージ しばらく前に MikroTik の RouterOS 7.x 系がベータリリースされてい…

CloudFront では us-east-1 (北部バージニア) の ACM 証明書しか使えない

AWS

AWS の CDN サービスである CloudFront では、同じく AWS の証明書サービスである ACM で発行した証明書を利用することが出来ます。 AWS のサービスは以下に分類されます。 グローバル・サービス (リージョンに依存しないサービス) リージョナル・サービス (…

Linux と IAM ユーザ情報を同期し、SSH 鍵でログイン出来るようにする

aws-ec2-ssh を使うと EC2 上にある Linux ユーザ情報を IAM と同期させることが出来ます。 ログイン時に必要な SSH 公開鍵も IAM と同期出来る為、ユーザの追加・削除を (Linux では無く) IAM 上だけで完結出来るようになります。

CentOS7/8 に ripgrep をインストールする

ripgrep (通称 rg) は Rust で作られたコマンドラインツールです。 grep を同じでファイツ中の文字列を検索出来ますが、非常に動作スピードが速いです。 grep で再帰検索させる場合は find と組み合わせて利用するケースが多いと思いますが、ripgrep は単体…

CentOS8 へ Universal Ctags をインストールする

CentOS8 へ Universal Ctags をインストール手順をメモしておきます。 CentOS8 のリポジトリでは Universal Ctags が提供されていませんので以下、いずれかの方法でインストールします。 Snap でインストールする ソースコードからインストールする

WSL へ neovim をインストールする

先日、CentOS8 に neovim をインストールする というメモを書きました。 WSL (Ubuntu) 環境にも同じ手順でインストール出来るのですが、WSL 環境では FUSE が有効になっていない為、ダウンロードしてきた appimage を展開して利用する必要があります。 1 行…

コメント行・空行を除外して内容表示してくれるツール「uncmnt」

コメント行と空業務を除外してファイルの内容を表示するには以下のように実行します。 grep -v -e '^\s*#' -e '^\s*$' [FILE] 毎回、これを指定するのが面倒なので、自分用に「コメント・空行を除外してファイルの内容を表示してくれるツール」を作りました…

CentOS8 に Go 1.14.2 をインストールする

以前に CentOS8 に Go 1.13.3 をインストールする というメモを書きました。 Go 言語のバージョ ンが新しくなっているので、改めて現時点の最新バージョンである 1.14.2 を CentOS8 へ新規インストールする手順をメモしておきます。

Amazon Linux2 に Zabbix エージェントだけをインストールする

Amazon Linux2 に Zabbix エージェント だけを インストールする手順をメモしておきます。

vSphere 6.7 上の CentOS8 に VLAN を設定する

vSphere 6.7 上に作成した CentOS8 で VLAN インターフェイスを作成し、仮想マシン間で疎通出来るようにする手順をメモしておきます。