らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

ACI で Preferred Group 設定時の Zoning-Rule

Cisco ACI で Contract Preferred Groups を使うと EPG を優先グループ / 非優先グループに分けることが出来ます。 Preferred Group 設定には「include」と「exclude」があり、各々以下のように「通信する際に Contract を必要とするか? 否か?」という違いがあります。

設定 意味 説明
include 優先グループ 優先グループ同士は Contract が無くても通信可能
exclude 非優先グループ 通信するには Contract が必要

今回は Preferred Group を設定した場合 / していない場合で「実際に Zoning-Rule がどう見えるか?」を確認してみました。 検証は 5.0(2h) 環境で実施しています。

続きを読む

ACI で ExtEpg ~ AppEpg 接続時の Zoning-Rule

Cisco ACI で ExtEpg (External EPG) と AppEpg (Application EPG) を Contract した場合に作成される Zoning-Rule は AppEpg 同士を Contract した場合と、特に変わりありません。 今回は実際に ExtEpg と AppEpg を Contract し、作成される Zoning-Rule を確認してみます。 検証は 5.0(2h) 環境で実施しました。

続きを読む

ACI でログインバナーをカスタマイズする

Cisco ACI ではログインバナーをカスタマイズすることが可能です。 設定は SystemSystem SettingsSystem Alias and Banners から実施することが可能です。 今回はバージョン 5.0(2h) 環境で「何を設定すると → どこに反映されるか?」を確認してみました。

続きを読む

ACI の Filter Entry で Port を Range 設定した場合の Zoning-Rule

Cisco ACI では Policy CAM の消費量は「SrcEPG 数 x DstEPG 数 x Filter Entry 数 x 1 (both direction なら 2)」で算出出来る、とされています。 ですが、Filter Entry は TCP/UDP のポートを Range (範囲) 設定することが可能です。 幾つかのパターンで Range 設定を実施し、各々の状態における Policy Count 数や Zoning-Rule、Zoning-Filter の状態を見ていきます。

続きを読む

ACI で Apply Both Directions / Reverse Filter Ports ごとの Zoning-Rule

Cisco ACI で EPG 間の通信許可/拒否ルールを定義するには Contract 設定が必要になります。 Contract は「Contract → Subject → Filter」という三階層構造を取ります。

f:id:sig9:20200910214711p:plain

Contract の配下に作成する Subject には以下、ふたつの設定が存在します。

  1. Apply Both Directions
  2. Reverse Filter Ports

f:id:sig9:20200910214715p:plain

Apply Both Directions を無効にすると Reverse Filter Ports も無効になる」特性上、取りうる組み合わせは以下の 3 パターンのみです (Apply Both Directions が無効なのに Reverse Filter Ports が有効、という設定は出来ません。 CLI から無理やり設定することは出来ますが、Apply Both Directions がアンチェックだと Reverse Filter Ports の設定有無による動作の差はありません)。

No. Apply Both Directions Reverse Filter Ports
1
2
3

今回は各々のパターンで Zoning-Rule がどのように表示されるか、確認していきます。 検証は 5.0(2h) 環境で実施しました。

続きを読む

ACI で EPG Contract Inheritance 設定した際の Zoning-Rule

Cisco ACI では Contract に同じ接続をする EPG が複数存在する場合、Master と呼ばれる「親 EPG」を作成し、「子 EPG」からは Master を参照させる、という機能があります。 この機能は EPG Contract Inheritance と呼ばれています。 EPG Contract Inheritance (コントラクトの継承) にも記載がありますが、EPG Contract Inheritance は Policy CAM のリソース消費量削減にはなりません。 今回は実際に EPG Contract Inheritance 設定を行い、Zoning-Rule がどのように展開されているか、確認しようと思います。 検証は ACI 5.0(2h) 環境で実施しました。

続きを読む