らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Cisco SD-WAN 環境へアクセスする Python3 スクリプトサンプル

Python スクリプトCisco SD-WAN へアクセスするサンプルをメモしておきます。 今回は Ubuntu 21.04 + Python 3.9.5 環境を利用しました。

pip と venv のインストール

SD-WAN と関係ありませんが、今回のテスト環境には pip と venv がインストールされていなかった為、まず pip と venv をインストールしました。

apt -y install python3-pip python3-venv

venv 環境の作成

今回のサンプルスクリプト用に venv 環境を作成します。

mkdir sdwan
cd sdwan
python3 -m venv venv
source venv/bin/activate

ライブラリのインストール

サンプルスクリプトでは requests を利用している為、pip でインストールしておきます。

python3 -m pip install requests

サンプルスクリプト

サンプルスクリプトの内容は以下の通りです。 login でログイン処理を行った後、get_request で HTTP GET Request を行っています。 簡素にする為、エラー処理などは適当です。

#!/usr/bin/env python3

import json
import sys

import requests
import urllib3
from urllib3.exceptions import InsecureRequestWarning

urllib3.disable_warnings(InsecureRequestWarning)


def login(vmanage_ip, username, password):
    session = {}
    base_url_str = 'https://%s:8443/' % vmanage_ip
    login_action = '/j_security_check'
    login_data = {'j_username': username, 'j_password': password}
    login_url = base_url_str + login_action
    token_url = base_url_str + 'dataservice/client/token'

    sess = requests.session()
    login_response = sess.post(url=login_url, data=login_data, verify=False)
    login_token = sess.get(url=token_url, verify=False)

    if login_response.status_code == 200 and login_token.status_code == 200:
        sess.headers['X-XSRF-TOKEN'] = login_token.content
        session[vmanage_ip] = sess
        return session[vmanage_ip]
    elif '<html>' in login_response.content:
        print("Login Failed")
        sys.exit(0)
    else:
        print("Unknown exception")


def get_request(vmanage_ip, session, mount_point):
    url = "https://%s:8443/dataservice/%s" % (vmanage_ip, mount_point)
    response = session.get(url, verify=False)
    data = response.content
    return data


if __name__ == "__main__":
    vmanage_ip = sys.argv[1]
    username = sys.argv[2]
    password = sys.argv[3]
    session = login(vmanage_ip, username, password)
    data = get_request(vmanage_ip, session, "device")
    print(json.dumps(json.loads(data), indent=2))

サンプルスクリプトの実行

サンプルスクリプトは以下のように実行します。下記では vManage のアドレスを 10.0.0.1 としていますが、これは実行環境にあわせて修正します (usernamepassword も同様です)。 ログイン情報が正しく、問題無くアクセスできればデバイス情報 (https://VMANAGE/dataservice/device) を取得し、結果の JSON を整形して表示します。

# ./login-from-python.py 10.0.0.1 username password