らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

CML2 へ CLI からイメージをアップロードする

CML2 へイメージをアップロードする際、通常であれば GUI からの作業で十分だと思います。 ですが「複数のファイルを一度にアップロードしたい」等、稀に「CLI からイメージをアップロードしたい」という場合もあると思います。 今回は CLI からイメージをアップロードする手順をメモしておきます。

Step.1

ブラウザで https://10.0.0.1:909010.0.0.1 部分は CML2 の管理アドレスへ読み替えてください) へアクセスし、ユーザ名とパスワードを入力したら ログイン をクリックして Cookpit へログインします。 デフォルトのユーザ名は sysadmin です。

f:id:sig9:20210826194813p:plain

Step.2

左側のナビゲーションメニューから サービス をクリックします。

f:id:sig9:20210826194817p:plain

Step.3

フィルターに sshd と入力し、表示された結果から sshd をクリックします。

f:id:sig9:20210826194821p:plain

Step.4

OpenSSH server daemon の横にあるボタンをクリックします。

f:id:sig9:20210826194824p:plain

これで SSH サービスが有効化されました。

f:id:sig9:20210826194829p:plain

Step.5

scp でイメージを sysadmin ユーザのホームディレクトリへ転送します。 尚、TCP/22 はコンソールサーバとして動作するアプリケーションが動作しており、sshd へアクセスするには TCP/1122 へアクセスします。

scp -P 1122 c8000v-universalk9_8G_serial.17.06.01a.qcow2 sysadmin@10.0.0.1:~

scp でのイメージ転送が完了したら CML2 へ SSH ログインします。

ssh -p 1122 sysadmin@10.0.0.1

ssh ログイン出来たらイメージを /var/local/virl2/dropfolder/ へ移動し、更に SELinux のコンテキスト / ラベルを適切に設定します。 SELinux の設定変更が手間であれば Cookpit から SELinux を無効化してしまう、という手段もあります。

sudo mv ~/*.qcow2 /var/local/virl2/dropfolder/
sudo semanage fcontext -a -t virt_content_t "/var/local/virl2/dropfolder/*"
sudo restorecon -vvRF /var/local/virl2/dropfolder

Step.6

CML2 へアクセスし、TOOLSNode and Image DefinitionsIMAGE DEFINITIONSMANAGE (URL 的には https://10.0.0.1/manage_image_uploads/) へアクセスすると CLI からアップロードしたイメージが登録されていることを確認出来ます。

f:id:sig9:20210826194832p:plain