らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

macOS へ goenv で golang をインストールする

macOS で複数バージョンの golang を切り替えながら利用する場合、goenv を使うと便利です。 今回は Big Sur に goenv を使って golang をインストールする手順をメモしておきます。

goenv のインストール

まず goenv をインストールします。 git clone します。

git clone https://github.com/syndbg/goenv.git ~/.goenv

必要な環境変数を設定ファイルに追記します。 追記が完了したらシェルをログアウト / ログインし直すなど、何某かの方法で追加した環境変数を反映します。

echo 'export GOENV_ROOT="$HOME/.goenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$GOENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(goenv init -)"' >> ~/.bash_profile

今回は goenv 2.0.0beta11 がインストールされました。

$ goenv -v
goenv 2.0.0beta11

golang のインストール

goenv でインストール可能な golang のバージョンを確認します。 beta 版を除くと 1.16.0 が最新のようです。

$ goenv install -l
Available versions:
  1.2.2
  1.3.0
  1.3.1
     ・
     ・
     ・
  1.15.8
  1.16.0
  1.16beta1

1.16.0 をインストールします。

goenv install 1.16.0

goenv のインストール時と同様に、必要な環境変数を設定ファイルに追加します。 追記が完了したらシェルをログアウト / ログインし直すなど、何某かの方法で追加した環境変数を反映します。

echo 'export PATH="$GOROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PATH:$GOPATH/bin"' >> ~/.bash_profile

インストールした golang 1.16.0 を全体で有効化します。

goenv global 1.16.0

これで go コマンドが利用出来るようになりました。

$ go version
go version go1.16 darwin/arm64