らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Windows のターミナルソフト「RLogin」の設定

ターミナルソフトと言えば macOS では iTerm2 を利用しているのですが、Windows のソフトウェアは一長一短に感じられ、場合によって TeraTermPoderosaRLogin を使い分けています。 今回は私が RLogin を利用する際に行っている設定をメモしておきます。

範囲選択だけでクリップボードにコピーする

クリップボード左クリックの範囲指定だけでクリップボードにコピーする にチェックを入れておくことで、範囲選択するだけで自動的にクリップボードへコピーされるようになります。

f:id:sig9:20200901083150p:plain

不要なキーコードを削除する

キーボード から下記、赤枠に該当する (私の場合は) 使わないキーコードを削除しておきます。

f:id:sig9:20200901083153p:plain

よく使うキーコードを追加する

キーボード新規 から幾つかキーコードを追加しておきます。

f:id:sig9:20200901083156p:plain

具体的には下記を追加します (お好みです)。

キーコード 修飾キー 割当て文字列 メニュー
N Alt $FILE_NEW ファイルサーバーに接続
V Ctrl $CLIPBOARD 編集貼り付け
B Alt $BROADCAST 編集ブロードキャスト
K Alt $RESET_ALL 表示リセットすべてリセット
$DB([) Ctrl $PANE_PREV ウィンドウスプリットコマンド前のウィンドウに移動
$DD(]) Ctrl $PANE_NEXT ウィンドウスプリットコマンド次のウィンドウに移動

RLogin ではタブを利用して複数の接続を管理できますが、このキーコードを追加することで「Ctrl + [」で前のウインドウに戻り、「Ctrl + ]」で次のウインドウへ進めるようになります。

私の場合は macOS / Windows 両方を利用している為、RLogin と iTerm2 でショートカットキーの設定は同じ、または可能な範囲で似せるようにしています。