らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Windows 10 で WSL2 を有効化する

Windows 10 (10.0.19041) で WSL2 を有効化する際の手順をメモしておきます。

作業前のバージョン

作業前、Windows のバージョンは 10.0.19041 でした。

PS C:\> Get-WmiObject Win32_OperatingSystem


SystemDirectory : C:\WINDOWS\system32
Organization    :
BuildNumber     : 19041
RegisteredUser  :
SerialNumber    : 00330-50669-11560-AAOEM
Version         : 10.0.19041

WSL はインストール済みですが、バージョン 1 でした。

PS C:\> wsl -l -v
  NAME      STATE           VERSION
* Ubuntu    Running         1

必要コンポーネントを有効化する

Windows の機能の有効化または無効化 から以下を有効化します。 機能の有効化が完了したら再起動を要求されますので、OS を再起動しておきます。

  1. Hyper-V
  2. LinuxWindows サブシステム
  3. 仮想マシンプラットフォーム

f:id:sig9:20200720102928p:plain

WSL2 を有効化する

管理者権限で実行した PowerShell から以下を実行し、WSL2 を有効化します。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart
dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart
wsl --set-default-version 2

今回の環境では予め WSL1 は有効化されていたので、WSL1 → WSL2 へバージョンを変換します。

wsl --set-version Ubuntu 2

これで WSL2 が有効化されました。

PS C:\> wsl --list --verbose
  NAME      STATE           VERSION
* Ubuntu    Stopped         2