らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

CML に FortiGate VM を追加する

Cisco CML では初期状態で Reference Platform and Images Questions に書かれている OS を動作させることが出来ます。 また Cisco 製品では無いカスタムイメージを登録して起動させることも可能であり、以前に CML に MikroTik CHR 6.47 を追加する というメモを書きました。 新たなカスタムイメージを登録する際は「ノードの定義ファイルをどのように作成するか?」がポイントです。 今回は FortiGate VM を利用出来るノード定義ファイルをメモしておきます。 登録方法は前述の CHR を登録する手順と同じです。

尚、このノード定義ファイルは GitHub の CML Community にもマージして貰いました。

id: fortigate
boot:
  timeout: 60
  completed:
    - FortiGate-VM64-KVM login
configuration:
  generator:
    driver: null
  provisioning:
    files:
      - name: meta-data
        content: ''
        editable: true
    media_type: iso
    volume_name: disk
device:
  interfaces:
    default_count: 4
    has_loopback_zero: false
    physical:
      - port1
      - port2
      - port3
      - port4
      - port5
      - port6
      - port7
      - port8
      - port9
      - port10
      - port11
      - port12
      - port13
      - port14
      - port15
      - port16
    serial_ports: 1
general:
  description: FortiGate Next Generation Firewall
  nature: firewall
  read_only: true
inherited:
  image:
    boot_disk_size: false
    cpus: true
    data_volume: true
    ram: true
  node:
    boot_disk_size: false
    cpus: true
    data_volume: true
    ram: true
pyats:
  os: linux
schema_version: 0.0.1
sim:
  linux_native:
    cpus: 1
    data_volume: 32
    disk_driver: virtio
    driver: server
    libvirt_domain_driver: kvm
    nic_driver: virtio
    ram: 1024
ui:
  description: |-
    FortiGate Next Generation Firewall

    1,024 MB DRAM, 1 vCPU
  group: Others
  icon: firewall
  label: FortiGate
  label_prefix: fortigate-
  visible: true