らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

iPad OS で Logicool Spotlight Presentation Remote を使う

LogicoolSpotlight Presentation Remote (以下、Spotlight) を使うと WindowsmacOS でプレゼンテーション時に画面を強調表示したり、ズームしたり… ということが簡単に出来ます。 マウスを使い類似の機能を提供出来るソフトウェアもありますが、Spotlight のような物理デバイスを使うとプレゼンテーション中に PC (マウス) の近くにいる必要も無くなるので、よりプレゼンテーションの自由度が上がります。 Spotlight は「ゴールド」と「スレート」の 2 色、あります。

iPad OS が搭載されるようになってから iPad でもマウスが使えるようになり、Spotlight を扱えるようになったので設定方法をメモしておきます。 …とは言え特別な設定は無く、「Bluetooth でピアリングする → ポインタの設定を行う」だけです。

Step.1

iPad から SettingsAccessibilityTouch の順に選択して次へ進みます。

f:id:sig9:20200627224120p:plain:w800

Step.2

AssistiveTouch を選択して次へ進みます。

f:id:sig9:20200627224123p:plain

Step.3

Devices を選択して次へ進みます。

f:id:sig9:20200627224127p:plain

Step.4

Bluetooth Devices を選択し、ピアリングを開始します。

f:id:sig9:20200627224131p:plain

Step.5

Spotlight の上下にある 2 つのボタンを 2 秒以上、同時に長押しします。 Spotlight の本体が振動したら Bluetooth のピアリングが開始された合図です。

f:id:sig9:20200627225555p:plain

Step.6

一覧に SPOTLIGHT が表示されたはずですので、これを選択します。

f:id:sig9:20200627224134p:plain

Step.7

Pair を選択して Bluetooth でのピアリングを許可します。

f:id:sig9:20200627224138p:plain

Step.8

これでピアリングされました。

f:id:sig9:20200627224141p:plain

Step.9

AccessibilityPointer Control を選択します。

f:id:sig9:20200627224145p:plain

Step.10

ポインタのサイズやスクロールスピードなどを設定します。 マウスカーソルの色を選択するには Color を選択します。

f:id:sig9:20200627224149p:plain

Step.11

マウスカーソルの色を選択します。

f:id:sig9:20200627224154p:plain

感想

Spotlight を iPad で使う場合、特別なソフトウェアは必要無く、iPad OS で「通常の Bluetooth マウス」として扱っているだけです。 WindowsmacOS であれば専用ソフトウェアで「強調」「ズーム」「レーザーポインタ」の機能を使えるのですが、iPad ではこれらの機能が使えません。

また、実際に使ってみると WindowsmacOS に比べてなぜか操作感が悪くて (不慣れなだけかも?)「ただのマウス」としても使いづらく感じました。

個人的には iPad で Spotlight は利用せず、Windows / macOS だけで使うことになりそうです。