らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

CML で Ubuntu を使う

CML 上で TinyCore や Alpine を使うことも出来ますが、もう少しフットプリントが重くても構わなければ Ubuntu 18.04 を使うことも可能です。

UbuntuCML の初期状態から利用出来ます (TinyCore と Alpine の初期ログイン情報も併記しておきます)。

OS ユーザ名 パスワード
Ubuntu ubuntu cisco
TinyCore cisco cisco
Alpine cisco cisco

パスワードや SSH の公開鍵は Edit Config から指定することが可能です。

f:id:sig9:20200624213049p:plain

尚、初期ユーザ名については ToolsNode and Image DefinitionsNodesUbuntuDescription から確認することが出来ます。

f:id:sig9:20200624213052p:plain

以下が全文です。 The pre-configured username is 'ubuntu'. という一文があります。

Ubuntu 18.04 Cloud Init Platform

2 GB DRAM, 1 vCPU (can be adjusted)

Configuration

This Ubuntu image uses cloud-init YAML for configuration. Please ensure to have a valid cloud-init. The pre-configured username is 'ubuntu'. Use either the provided password or provide an SSH key. The node comes with a very brief (but complete) cloud-init example when you drop one onto the canvas.

The node has also a 32GB data disk which can be used e.g. to extend the root VG for additional space. It's not initialized at boot (has to be managed by user).

See here for additional cloud-init examples.

ノードごとのログイン情報は FAQ - Cisco Modeling Labs v2.06. What is the default login for the nodes? にも記載されています。

f:id:sig9:20200624222935p:plain