らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

CML で TinyCore や Alpine 等の Linux を使う

Cisco CML では Linux を使った検証を行いたい場合、TinyCoreAlpine を利用することが出来ます。

Add Nodes から Server を選択すると TinyCore が利用出来ます。 Alpine はそのまま、Alpine を使います。

f:id:sig9:20200624010254p:plain

初期ユーザ名・パスワード

TinyCore と Alpine のいずれも初期ユーザ名・パスワードともに cisco でログイン可能であり、外部と接続すれば SSH することも可能です。

対象 ユーザ名 パスワード
TinyCore cisco cisco
Alpine cisco cisco

どちらもフットプリントが軽いのですが、個人的には TinyCore の方がやや慣れを必要とするように感じており、普段は Alpine を利用しています。

Alpine でのパッケージ管理

Alpine ではパッケージ管理に apk を使います。 代表的なコマンドは以下です。

内容 コマンド
インストール済みパッケージの一覧を表示する apk info
インストール可能なパッケージを更新する apk update
パッケージを検索する apk search [PACKAGE]
パッケージをインストールする apk add [PACKAGE]
パッケージをアップデートする apk --update add [PACKAGE]
パッケージをアンインストールする apk del [PACKAGE]
キャッシュを削除する rm -rf /var/cache/apk