らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Cisco CML で SD-WAN (vEdge / cEdge) を検証出来るようにする

CML for Personal はデフォルトだと Cisco SD-WAN 関連のコンポーネントは同梱されていません。 ですが、正規に Cisco SD-WAN 関連のコンポーネントを入手する手段さえあれば、GitHubCML Community で公開されている情報を参考に、SD-WAN の検証環境を構築することが出来ます。 今回は CML 上でバージョン 20.1.1 系の SD-WAN 検証が出来るようにする手順をメモしておきます。

Step.1

予め、正規の方法で下記をダウンロードしておきます。 バージョンが異なっても以降の手順は同じで大丈夫なはずです。 コンソール接続出来るよう、CSR のイメージはファイル名に serial を含むものを用意します。

  1. csr1000v-universalk9.17.02.01r-serial.qcow2
  2. viptela-edge-20.1.1-genericx86-64.qcow2
  3. viptela-smart-20.1.1-genericx86-64.qcow2
  4. viptela-vmanage-20.1.1-genericx86-64.qcow2

Step.2

CML へログインしたら ToolsNode and Image Definitions をクリックして次へ進みます。

f:id:sig9:20200618013612p:plain

Step.3

画面を下側へスクロールしていきます。

f:id:sig9:20200618013616p:plain

Nodes という項目にある Import existing Node Definition という項目をクリックして次へ進みます。

f:id:sig9:20200618013619p:plain

Step.4

Import Definition にある Browse というボタンをクリックし、GitHub の Cisco SD-WAN Node Definitions にある機種毎の .yaml ファイルをインポートします。

f:id:sig9:20200618013622p:plain

これでノードの定義がインポートされました (Browse でファイルを選択すると、すぐにノードの定義は追加されます)。

f:id:sig9:20200618013625p:plain

最終的には .yaml ファイルは以下の 5 つをインポートします。 このメモの作成時点で vManage のデータボリュームサイズは 512GB に定義されていますが、検証を行うだけであれば (Requirement を無視して) 30GB 程度で十分かと思います。 このようにパラメータを調整したい場合は .yaml ファイルをテキストエディタで開き、該当する部分を修正してからインポートします。

  1. viptela-bond.yaml
  2. viptela-smart.yaml
  3. viptela-manage.yaml
  4. viptela-edge.yaml
  5. iosxe-sdwan.yaml

インポートが完了すると、Node and Image Definitions で以下のようにアイコンが増えているはずです。

f:id:sig9:20200618013629p:plain

全てインポートが完了すると以下のように表示されているはずです。

f:id:sig9:20200618013633p:plain

Step.5

次に Node and Image Definitions 画面の最上部、Images にある Manage Uploaded Images をクリックして次へ進みます。

f:id:sig9:20200618013636p:plain

Step.6

Upload New Image FileBrowse をクリックし、.qcow2 形式のバイナリをアップロードしていきます。

f:id:sig9:20200618013639p:plain

予め用意しておいた下記のファイルをアップロードします。 vBond と vEdge は設定が異なるだけであり、バイナリは共通です。

  1. csr1000v-universalk9.17.02.01r-serial.qcow2
  2. viptela-edge-20.1.1-genericx86-64.qcow2
  3. viptela-smart-20.1.1-genericx86-64.qcow2
  4. viptela-vmanage-20.1.1-genericx86-64.qcow2

全ファイルのアップロードが完了すると以下のように表示されます。

f:id:sig9:20200618013642p:plain

Step.7

再度、トップ画面から Node and Image Definitions をクリックして次へ進みます。

f:id:sig9:20200618013645p:plain

Step.8

ImagesCreate New Image Definition をクリックして次へ進みます。

f:id:sig9:20200618013648p:plain

Step.9

ここから各ノードごとにイメージの定義を行っていきます。 下記のスクリーンショットのように値を入力していくだけなので作業は簡単です。 但し一点だけ、「イメージの定義で参照されたバイナリはリストから表示されなくなる」 という注意点があります。 順を追って説明していきます。

vBond

vBond と vEdge のバイナリは共通なので、Disk Image には vEdge 用のバイナリを選択します。

f:id:sig9:20200618013651p:plain

vSmart

特に注意点はありません。

f:id:sig9:20200618013655p:plain

vManage

同様に注意点はありません。

f:id:sig9:20200618013659p:plain

vEdge

vEdge の Disk Image を選択しようとすると、vEdge 用バイナリが表示されないはずです。 これは先に vBond の定義で vEdge 用のバイナリを選択してしまっている為です (一度選択したイメージはリストに表示されなくなります)。 その為、もう一度 Node and Image DefinitionsManage Uploaded Images から (先に登録したのと同じ) vEdge 用のバイナリファイルをアップロードし直します。 これで vEdge 用のイメージ定義時にリストから vEdge 用バイナリを選択出来るようになります。

f:id:sig9:20200618013703p:plain

XE-SDWAN (CSR1000v)

CML としては注意点はありません。 但し、IOS-XE の 17 系からは非 SD-WAN / SD-WAN のイメージが統合された為、SD-WAN の検証を行うには「コントローラモード」へ切り替える必要があります。 コントローラモードへの切り替え方法については Cisco CSR1000v 17.x 系 IOS-XE をコントローラモードに切り替える に手順をメモしてあります。

f:id:sig9:20200618013706p:plain

Step.10

これでラボを作成し、ノードを追加する際に SD-WAN 関連のノードを選択出来るようになりました。

f:id:sig9:20200618013709p:plain