らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

macOS に OBS Studio をインストールして Microsoft Teams から利用する

macOSOBS Studio をインストールし、Microsoft Teams を利用するまでの手順をメモしておきます。 macOS は現時点で最新の Catallina を利用しています。

Step.1

obs-mac-virtualcam のページに記載されている手順でインストールします。 ページに書かれたコマンドを順に実行していくだけです。

# Clone and build OBS
git clone --recursive https://github.com/obsproject/obs-studio.git
cd obs-studio

# Follow normal OBS build steps
brew install FFmpeg x264 Qt5 cmake mbedtls swig
mkdir build
cd build
# Note: if you installed homebrew to a custom location, this will be $BREW_INSTALL_PATH/opt/qt
export QTDIR=/usr/local/opt/qt
cmake .. && make -j

# Clone this repo
cd ../..
git clone https://github.com/johnboiles/obs-mac-virtualcam.git
cd obs-mac-virtualcam

# Set an environment variable that points to the directory for your OBS clone
export OBS_DIR=$PWD/../obs-studio

# Build the plugin
mkdir build
cd build
cmake -DLIBOBS_INCLUDE_DIR:STRING=$OBS_DIR/libobs -DLIBOBS_LIB:STRING=$OBS_DIR/build/libobs/libobs.dylib -DOBS_FRONTEND_LIB:STRING=$OBS_DIR/build/UI/obs-frontend-api/libobs-frontend-api.dylib -DQTDIR:STRING=$QTDIR ..
make -j

# Copy the OBS plugin to your local OBS build
cp src/obs-plugin/obs-mac-virtualcam.so $OBS_DIR/build/rundir/RelWithDebInfo/obs-plugins/

# Remove any existing plugin and copy the DAL plugin to the right place
sudo rm -rf /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL/obs-mac-virtualcam.plugin && sudo cp -r src/dal-plugin/obs-mac-virtualcam.plugin /Library/CoreMediaIO/Plug-Ins/DAL

# Run your build of OBS
cd $OBS_DIR/build/rundir/RelWithDebInfo/bin
./obs

Step.2

初回起動時は セキュリティとプライバシー の許可を要求されるかも知れません。 この場合は要求されたアクセスを許可します。

f:id:sig9:20200510222948p:plain f:id:sig9:20200510222953p:plain

Step.3

OBS Studio が起動します。

f:id:sig9:20200510222956p:plain

ツールStart Virtual Camera をクリックし、OBS Studio を仮想カメラデバイスとして選択出来るようにします。

f:id:sig9:20200510223003p:plain

しかし、以下のように Unsupported resolution エラーが出ました。

f:id:sig9:20200510223006p:plain

OBS Studio の設定画面を開き、映像 設定を確認すると、私の環境では 1440x900 になっていました。

f:id:sig9:20200510223009p:plain

解像度設定をサポートされているものにします。 今回は 1280x720 を選択しました。

f:id:sig9:20200510223013p:plain

これで OBS Studio を仮想カメラとして選択出来るようになりました。 仮想カメラを開始している場合は同じ箇所が Stop Virtual Camera に切り替わります。

f:id:sig9:20200510223017p:plain

Step.4

Microsoft Teams を起動します (起動済みであれば一旦、再起動し直します)。 設定デバイスカメラ から OBS Virtual Camera を選択します。

f:id:sig9:20200510223020p:plain

あとは OBS Studio からフィルタなど、実施したい処理を行います。