らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

CentOS8 でネットワーク接続名を変更する

CentOS8 で (ネットワークの) 接続名が「スペースを含むアルファベット」や「日本語」だとエスケープが必要だったり、取り回しが不便な場合があります。 そういった場合は接続名を変更してしまいます。

設定の流れ

以下の順序で設定します。

  1. 新しい接続を作成する
  2. 古い接続を削除する

この順序を逆にしてしまうと上手くいきません。 デバイスに対して接続がひとつも無くなると、自動的に接続が作成されてしまいます。 これを避ける為に先に「新しい接続を作成」してから「古い接続を削除する」という手順にします。

今回は以下のように接続名を変更します。 変更後はデバイス名・接続名を同じ ens192 にしています。 接続名は任意で構いません (デバイス名・接続名が同じだと紛らわしいと感じるようであれば、任意に変更します)。

  バイス 接続名
変更前 ens192 System ens192
変更後 ens192 ens192

Step.1

現状で接続名は System ens192 になっていました。

# nmcli connection show
NAME           UUID                                  TYPE      DEVICE 
System ens192  55f412e9-0f9c-49a4-aa00-499d05862d15  ethernet  ens192

Step.2

新しい接続を作成します。

nmcli connection add type ethernet ifname ens192 con-name ens192

新しい接続が作成されたことを確認します。 この時点では、まだ ens192バイスは古い System ens192 という接続に関連付けられています。

# nmcli connection show
NAME           UUID                                  TYPE      DEVICE 
System ens192  55f412e9-0f9c-49a4-aa00-499d05862d15  ethernet  ens192
ens192         d3a6ca7a-f8cd-4855-a60d-24fa62debce3  ethernet  --

Step.3

古い接続 (System ens192) を削除します。

# nmcli connection delete 55f412e9-0f9c-49a4-aa00-499d05862d15

これで意図した名前で接続が作成されました。

# nmcli connection show
NAME    UUID                                  TYPE      DEVICE 
ens192  d3a6ca7a-f8cd-4855-a60d-24fa62debce3  ethernet  ens192