らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

WSL へ neovim をインストールする

先日、CentOS8 に neovim をインストールする というメモを書きました。 WSL (Ubuntu) 環境にも同じ手順でインストール出来るのですが、WSL 環境では FUSE が有効になっていない為、ダウンロードしてきた appimage を展開して利用する必要があります。 1 行コマンドを実行するだけなので面倒では無いのですが、今回は WSL へパッケージマネージャの apt を使って neovim をインストールする手順をメモしておきます。

neovim 本体のインストール

neovim の最新版は現時点で 0.5 系なのですが、標準リポジトリ上の neovim は 0.2 系とかなり古いようです。 そこで、まずは neovim のリポジトリを追加します。

sudo apt-add-repository ppa:neovim-ppa/stable
sudo apt update

これでバージョン 0.3.8 がインストール出来るようになりました。

$ apt show neovim
Package: neovim
Version: 0.3.8-1ppa1~ubuntu18.04.2
Priority: optional
Section: editors
Maintainer: Debian Vim Maintainers <team+vim@tracker.debian.org>
Installed-Size: 3408 kB
Provides: editor
Depends: neovim-runtime (= 0.3.8-1ppa1~ubuntu18.04.2), libc6 (>= 2.14), libluajit-5.1-2 (>= 2.0.4+dfsg), libmsgpackc2 (>= 2.1.0), libtermkey1 (>= 0.19), libunibilium4 (>= 2.0), libuv1 (>= 1.8.0), libvterm0 (>= 0~bzr635)
Recommends: python-neovim, python3-neovim, xclip | xsel, xxd
Suggests: ctags, vim-scripts
Download-Size: 1277 kB
APT-Sources: http://ppa.launchpad.net/neovim-ppa/stable/ubuntu bionic/main amd64 Packages
Description: heavily refactored vim fork
 Neovim is a fork of Vim focused on modern code and features, rather than
 running in legacy environments.
 .
 msgpack API enables structured communication to/from any programming language.
 Remote plugins run as co-processes that communicate with Neovim safely and
 asynchronously.
 .
 GUIs (or TUIs) can easily embed Neovim or communicate via TCP sockets using
 the discoverable msgpack API.

N: There is 1 additional record. Please use the '-a' switch to see it

インストールします。

sudo apt -y install neovim

Python 関連パッケージのインストール

Python 関連パッケージをインストールします。

sudo apt -y install python-dev python-pip python3-dev python3-pip
python2 -m pip install --upgrade pip
python2 -m pip install --user pynvim
python3 -m pip install --upgrade pip
python3 -m pip install --user pynvim

ripgrep のインストール

grep の改良版である ripgrep をインストールします。

curl -LO https://github.com/BurntSushi/ripgrep/releases/download/12.0.1/ripgrep_12.0.1_amd64.deb
sudo dpkg -i ripgrep_12.0.1_amd64.deb

Universal Ctagsのインストール

ソースコードの参照を楽にする為、Universal Ctags をインストールします。

sudo apt -y install autoconf pkg-config
git clone --depth 1 https://github.com/universal-ctags/ctags.git
cd ctags
./autogen.sh
./configure
make
sudo make install