らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Amazon Linux2 に Zabbix エージェントだけをインストールする

Amazon Linux2 に Zabbix エージェント だけを インストールする手順をメモしておきます。

rpm で Zabbix エージェントのみ、インストールします。 指定している URL は RHEL 7.x 系用の Zabbix 公式リポジトリ です。

rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/7/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el7.noarch.rpm
yum -y install zabbix-agent

Zabbix エージェントの設定ファイルは /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf にあります。 コメントを除外するとデフォルトでは以下の内容でした。

# grep -v -e '^\s*#' -e '^\s*$' /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
PidFile=/var/run/zabbix/zabbix_agentd.pid
LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
LogFileSize=0
Server=127.0.0.1
ServerActive=127.0.0.1
Hostname=Zabbix Server
Include=/etc/zabbix/zabbix_agentd.d/

最低でも下記は変更しておく必要があると思います。

項目 内容
Server Zabbix サーバのアドレス
ServerActive Zabbix サーバのアドレス
Hostname Zabbix エージェントのホスト名

インストールが完了したら起動&自動起動設定を行います。

systemctl start zabbix-agent
systemctl enable zabbix-agent

起動&自動起動の設定が完了したら意図した状態 (起動しており、自動起動設定もされている) になっていることを確認しておきます。

systemctl status zabbix-agent

これで Zabbix サーバ ~ Zabbix エージェント間で通信出来るようになるはずです。 もし通信出来ない場合は Zabbix サーバ / エージェントの設定や間にあるファイアウォールやセキュリティグループの設定を見直します。