らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

AWS LightSail で Windows Server 2016 を日本語化する

AWS LightSail で Windows Server 2016 インスタンスを作成し、日本語化するまでの手順をメモしておきます。

Step.1 LightSail インスタンスを作成する

Step.1-1

AWS 管理コンソールの LightSail 管理画面へ移動し、インスタンスを作成する をクリックしてインスタンスの作成を開始します。 OS は Windows Server 2016 を選択し、任意のインスタンスサイズを選択します。 インスタンス名には任意、且つ 一意な名前をつけ、インスタンスの作成 をクリックします。

[f:id:sig9:20191228161929p:plain:480]

Step.1-2

作成したインスタンスへ静的 IP アドレスを割り当てます。 ネットワーキング をクリックします。

f:id:sig9:20191228161934p:plain:w640

Step.1-3

静的 IP の作成 をクリックします。

f:id:sig9:20191228161938p:plain:w640

Step.1-4

静的 IP アドレスが払い出されますのでアタッチするインスタンスを選択した後、静的 IP アドレスにも名前をつけます。 LightSail リソース名は種類が異なっても一意である必要がある為、Windows インスタンス自身に付けたのとは 異なる 名前をつける必要があります。 静的 IP アドレスに名前をつけたら 作成 をクリックします。

f:id:sig9:20191228161942p:plain:w640

Step.1-5

これで静的 IP アドレスがインスタンスに関連付けられました。 画面上部の ホーム をクリックし、LightSail のホーム画面に戻ります。

f:id:sig9:20191228161947p:plain:w640

Step.1-6

インスタンスの脇にある モニタのアイコン をクリックし、Windows Server へ RDP 接続を開始します。

f:id:sig9:20191228161951p:plain:w640

Step.1-7

これで Windows Server のデスクトップへアクセス出来ました。

f:id:sig9:20191228161954p:plain:w640

Step.2 日本語化する

Step.2-1

スタートメニューから Widnows Settings をクリックします。

f:id:sig9:20191228161957p:plain:w640

Step.2-2

Time & language をクリックします。

f:id:sig9:20191228162000p:plain:w640

Step.2-3

Region & languageAdd a language をクリックします。

f:id:sig9:20191228162003p:plain:w640

Step.2-4

日本語 をクリックします。

f:id:sig9:20191228162006p:plain:w640

Step.2-5

これで日本語が追加されました。

f:id:sig9:20191228162009p:plain:w640

Step.2-6

まず、画面上部の Country to region から Japan を選択します。 次に 日本語 をクリックし Set as default をクリックします。 更に Options をクリックします。

f:id:sig9:20191228162012p:plain:w640

Step.2-7

画面上部にある Download language pack の Download ボタンをクリックします。

f:id:sig9:20191228162016p:plain:w640

Step.2-8

これで日本語の Langage Pack がダウンロードされます。 今回の環境では 10 ~ 15 分程度かかりました。

f:id:sig9:20191228162019p:plain:w640

Step.2-9

日本語の Langage Pack のダウンロードが完了したら をクリックします。

f:id:sig9:20191228162022p:plain:w640

Step.2-10

日本語 の下に「Will be display language after next sign-in」と表示されているのが分かります。 一度、デスクトップからサインアウトし、サインインし直します。

f:id:sig9:20191228162026p:plain:w640

Step.2-11

これでメニュー等が日本語化されました。

f:id:sig9:20191228162028p:plain:w640

タイムゾーンを変更する

Step.3-1

ホーム音声認識、地域、日付 からタイムゾーン(UTC+09:00) 大阪、札幌、東京 へ変更します。

f:id:sig9:20191228165359p:plain:w640