らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

vSphere

Linux に ovftool をインストールする

vSphere 用の OVA / OVF イメージを作成したり、デプロイする場合には ovftool がると便利です。 Linux 環境へ ovftool をインストールする手順をメモしておきます。

ESXi で esxtop の表示が乱れる場合の対処方法

ESXi のシェル上から esxtop を実行するとターミナルの設定によっては以下のように表示が乱れます。 こういった場合、暫定的には $TERM 変数を xterm へ変更することで対処出来ます。

SPAN トラフィックを VM 上の Linux でキャプチャする

ネットワーク機器で SPAN 設定を行い、vSphere 上に作った Linux でパケットキャプチャする場合の基本的な設定をメモしておきます。

IOSv / IOSvL2 の OVA ファイルを作って vSphere 上で使う夢を見た

Cisco ルータやファイアウォールを仮想環境で利用したい場合、CSR1000v (IOS-XE) や ASAv を使う、といった手段があります。 しかし、従来からある Cisco IOS を仮想環境で使う手段は無いように思います。 以前、onePK が合った頃は all-in-one-vm 内部で IO…

vSphere 6.7 へ CML for Personal をインストールする

Cisco VIRL の後継ソフトは「VIRL 2.0」では無く CML ブランドに統一され、「CML for Personal」になりました。 インストール手順は Overview of CML 2.0 で説明されている通り、非常に簡単です。 基本的には OVA ファイルをデプロイし、ウィザードに従うだ…

vSphere 上の Cisco CSR1000v でシリアルポートを有効化する

vSphere 上の Cisco CSR1000v へ、仮想マシンの構成を編集してシリアルポートを追加しても、デフォルトではシリアルポートからコンソールの操作を行うことが出来ません。 これでは設定やログをコピー&ペーストしたい場合に不便です。 CSR1000v へ設定を追加…

vSphere 6.7 上の CentOS8 に VLAN を設定する

vSphere 6.7 上に作成した CentOS8 で VLAN インターフェイスを作成し、仮想マシン間で疎通出来るようにする手順をメモしておきます。

vSphere 6.7 の標準スイッチで CDP を送受信出来るようにする

vSphere の標準スイッチはデフォルトで CDP を「受信のみ」実行している為、対向側スイッチでは接続情報を確認することが出来ません。 標準スイッチでも CDP 情報を送受信出来るようにする方法をメモしておきます。 今回は vSphere 6.7 Update1 環境でテスト…

vSphere 6.7 Update1 で ESXi への SSH アクセス時に ED25519 が使えるようにする

vSphere 6.7 Update1 のデフォルト状態では SSH を有効化しても ED25519 が利用出来ませんでした。 vSphere 6.7 Update1 でも ED25519 を有効化する手順をメモしておきます。

vSphere 6.7 でパスワードを無期限にする

vSphere 6.7 ではパスワードの有効期限がデフォルトで「90 日間」になっています。 パスワード有効期間が 30 日未満になると vSphere Web Client にログインした際、画面上部に以下のような警告が表示されます。 今回はパスワードポリシーを変更し、有効期間…

vSphere で仮想マシンのコンソール (画面) へ VNC アクセスする

vSphere で検証を行う際、IP アドレスを割り当てる前の仮想マシンには vCenter 上からコンソール接続するケースが多いと思います。 何らかの理由で vCenter へアクセスさせたくない場合は VNC で仮想マシンへアクセスさせることが出来ます。

vSphere 6.7 に Cisco ISE 2.6 をインストールして初期設定する

Cisco ISE 2.6 がリリースされていたので、vSphere 用の評価版をインストールしてみました。 インストール先は vSphere 6.7 です。 Release Notes for Cisco Identity Services Engine, Release 2.6 Cisco Identity Services Engine Installation Guide, Rel…

Linux/macOS + Python 環境で Cisco ACI 用の vCenter プラグインをインストールする

vCenter に Cisco ACI 用のプラグインをインストールする手順は ACI How-to の ACI vCenter Plugin に記載されています。 この手順では下記のうち、「1.」を前提にしていますが、今回は「2.」の Linux + Python でインストールする手順をメモしておきます。 …

検証用テンプレート CentOS7 のパラメータサンプル

検証環境に CentOS7 を作成する時に、よく指定しているパラメータをメモしておきます。 このテンプレートを定期的にアップデートしつつ、vSphere の機能でクローンして利用します。

Cisco ISE を ovftool を使って vSphere 上にデプロイするには

Cisco Identity Services Engine リリース 2.3 インストール ガイド に以下の記載があります。 ISE 2.3 OVA テンプレートは、vCenter 6.5 の VMware Web クライアントとの互換性がありません。回避策として、VMware OVF ツールを使用して、このテンプレート…

vSphere 上に Amazon Linux 2 をインストールする

最近の CentOS7 や Ubuntu16 以降は systemd ベースに移行しました。 しかし、Amazon Linux は CentOS6 ベースである為、Amazon Linux を使う限りは init (SysVinit/Upstart) も利用し続ける必要がありました。 その為、同じアプリケーションを両方で使いた…

pyvmomi を使って vSphere 上の仮想マシンをシャットダウンする Python スクリプト

Python から vSphere を操作できる pyvmomi のサンプルは pyvmomi-community-samples で公開されています。 しかし、「特定フォルダの仮想マシンをシャットダウンする」というサンプルが無いようだったので作ってみました。

pyvmomi を使って Python スクリプトで仮想マシンをシャットダウンする

pyvmomi に同梱されているサンプルスクリプトには仮想マシンを再起動する reboot_vm.py というものがあるのですが、単純に「電源オフ」や「シャットダウン」というスクリプトは(少なくても現時点では)見当たらないようです。 指定日時に仮想マシンを電源オ…

pyvmomi を使って全仮想マシンの UUID を取得する

vSphere の python バインディングである pyvmomi には全仮想マシンの名前を取得する get_vm_names.py というサンプルスクリプトが同梱されています。 ですが、『名前』という曖昧な概念より、UUID という一意性の高い値を取得したい… というケースもあるか…

pyvmomi を使って Python スクリプトで vSphere を操作する

vSphere を Python から操作するには pyvmomi を使うのが簡単です。 今回はインストール方法をメモしておきます。

RancherOS で Kubernetes 環境を構築する際の cloud-init

RancherOS 上で Kubernetes (以下、k8s) を試す際、Docker Engine のバージョンを予め k8s 互換バージョンに指定しておくと便利です。 その場合、cloud-init の定義例は以下のようになります。 尚、k8s と Docker Engine の互換性については Getting Started…

Ansible で仮想マシンをクローンした際の電源状態を操作する

Ansible から vSphere ゲスト(仮想マシン)を操作するモジュールを使って仮想マシンを作成する際、電源の状態は state の定義を利用して制御します。 しかし、from_template を使ってテンプレートからクローンを実行した際は state を使って電源状態を制御…

Ansible で vSphere 上に複数の仮想マシンを作成する

以前にAnsible で vSphere ESXi に仮想マシンをデプロイするにはというメモを書きました。 RancherOS の検証をする際、何度も複数の RancherOS 仮想マシンを作成するのが面倒だったので Ansible で自動化してみました。 今回はひとつの Playbook で RancherO…

vSphere 上に RancherOS 1.1.0 をインストールする

以前に vSphere 上に RancherOS をインストールするという記事で RancherOS 1.0.0-rc2 を仮想マシンにインストールする手順をメモしました。 今回は RancherOS 1.1.0 のインストール手順をメモしておきます。

vSphere 上に RancherOS をインストールする

2017/09/23 追記:vSphere 上に RancherOS 1.1.0 をインストールするというメモを書きました。 vSphere 上に RancherOS を使ったコンテナの管理環境を構築してみます。 今回は RancherOS 1.0.0-rc2 をインストールしました。

ACI で vSphere 連携を設定する

ACI と vSphere を連携すると ACI で EPG を新規作成した際に vSphere(の分散スイッチ)で自動的に PortGroup が作成される為、設定が非常に簡素化されます。 今回は ACI と vSphere の連携設定方法を記載します。

WindowsServer 2016 の検証用設定

vSphere 上で検証用の Windows Server 2016 を作成の初期設定をメモしておきます。セキュリティは無視し、検証における使い勝手の良さを重視しています(※本番環境設定の参考にはしないでください)

vSphere 上の仮想マシンのディスクを擬似的に SSD として認識させる

Emulating an SSD Virtual Disk in a VMware Environment の手順通りに設定すると、vSphere 上の仮想マシンに接続されたディスクを擬似的に SSD に見せかけることが出来ます。今回は vSphere 6.0 Update2 上に作成した CentOS7 仮想マシンで試してみます。

Mac Mini 用の ESXi インストールイメージを作成する

virtuallyGhetto は有用な情報が満載で、よく参考にさせて貰っています。How to build custom ESXi ISO for Apple Mac Mini? という記事では Mac Mini 用 ESXi インストールイメージの超簡単な作成手順が記載されています。今回は CentOS7 上で作業しました。

自分用・検証用 CentOS 作成手順メモ(2017/01/14 版)

以前に vSphere に検証用 CentOS を作成する際の手順を記載したのですが、そのアップデートです。基本的に自分用のメモです。