らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Windows

Windows のターミナルソフト「RLogin」の設定

ターミナルソフトと言えば macOS では iTerm2 を利用しているのですが、Windows のソフトウェアは一長一短に感じられ、場合によって TeraTerm や Poderosa、RLogin を使い分けています。 今回は私が RLogin を利用する際に行っている設定をメモしておきます。

Windows 10 で WSL2 を有効化する

Windows 10 (10.0.19041) で WSL2 を有効化する際の手順をメモしておきます。

初期設定/修正プログラム適用済みの Windows 10 評価版イメージを作成する

vSphere 上で Windows 10 を評価する際、Microsoft の Web サイトから評価版イメージをダウンロードしてきて、そのイメージから仮想マシンを作ると毎回、「初期設定」や「Windows Update」する必要があって面倒です。 勿論、ある程度初期設定した Windows を…

Windows10 の評価ライセンスの期間を延長する

Microsoft のサイトから Windows 10 の評価版イメージをダウンロードすることが出来ます。 Windows 10 の場合は 90 日間の評価期間があります。 更に Windows 標準ツールである slmgr を使うと評価ライセンスの有効期限を延長することが出来ます。

Windows10 でマウスカーソルを大きくする

Windows10 でマウスカーソルのサイズを大きくする設定手順をメモしておきます。

源ノ角ゴシック Code JP フォントをインストールする

エディタのフォントを source-han-code-jp にしたので手順をメモしておきます。

Chrome ブラウザのショートカット一覧

Chrome のキーボード ショートカットページには OS ごとで利用出来る Chrome ブラウザの便利なショートカットがまとめられています。 中でも、特に自分がよく使うもの・使いたいものをメモしておきます。

WSL へ neovim をインストールする

先日、CentOS8 に neovim をインストールする というメモを書きました。 WSL (Ubuntu) 環境にも同じ手順でインストール出来るのですが、WSL 環境では FUSE が有効になっていない為、ダウンロードしてきた appimage を展開して利用する必要があります。 1 行…

コメント行・空行を除外して内容表示してくれるツール「uncmnt」

コメント行と空業務を除外してファイルの内容を表示するには以下のように実行します。 grep -v -e '^\s*#' -e '^\s*$' [FILE] 毎回、これを指定するのが面倒なので、自分用に「コメント・空行を除外してファイルの内容を表示してくれるツール」を作りました…

PowerPoint のスライドを画像として保存する

PowerPoint では標準の機能だけで「対象スライドを画像として保存」することが可能です。 Windows / macOS 各々での実施方法をメモしておきます。

WSL でマウントしたファイルシステムでもパーミッションを扱えるようにする

WSL は一般的には「VolFs」と「DrvFs」の、ふたつのファイルシステムを併せて運用することになると思います。 VolFs (WSL 内部を管理する。 WSL 上にインストールされたディストリビューションを管理するファイルシステム) DrvFs (WSL 外部を管理する。 WSL …

Windows に Hyper をインストールして WSL を使う

Windows 環境で WSL を快適に使える環境を模索すべく、Electron 製のターミナルである Hyper をインストールしてみました。

AWS CLI v2 をインストールし、ページャを無効化する

AWS CLI v2 is now generally available でアナウンスされましたが AWS CLI v2 が正式リリースされました。 従来は pip 経由でインストールしていましたが、v2 からは .zip ファイルをダウンロードし、インストーラを使ったインストール手順に変わっています…

Windows で fileutil を使って指定サイズのダミーファイルを作成する

Windows 10対応:巨大サイズのファイルを簡単に作る(fsutilコマンド編)に書かれている通り、Windows では fsutil file createnew [FILENAME] [SIZE] を使うことで指定サイズでダミーファイルを作成することが出来ます。 区切りの良いサイズごとのコマンド…

Windows Server 2016/2019 は GUI ←→ CLI の変更は出来ない

最近の Windows Server には同じバージョンであっても以下のように Desktop Experience (GUI) Server Core (CLI) Windows Server 2012 であれば PowerShell で以下を実行することにより GUI 機能をアンインストールし、Server Core へ変換することが出来まし…

AWS LightSail で Windows Server 2016 を日本語化する

AWS LightSail で Windows Server 2016 インスタンスを作成し、日本語化するまでの手順をメモしておきます。

Windows 10 に FluentTerminal を入れ WSL をデフォルトにする

Windows 10 に Fluent Termianl をインストールする手順をメモしておきます。

Windows の WSL2 な Ubuntu に homebrew をインストールする

macOS のパッケージマネージャとしてお馴染みの homebrew が WSL にも対応したそうなので、実際に WSL2 へインストールしてみました。 インストール手順は公式サイトに記載されています。

WSL のディレクトリをエクスプローラで開く

通常、エクスプローラから WSL のディレクトリを開くことは出来ません。 しかし、WSL のプロンプトから explorer.exe . を実行することで、WSL で作業中のディレクトリをエクスプローラで開くことが出来ます。 頻繁に利用するのであれば explorer.exe . のエ…

Windows10 に Poderosa4 をインストールし、コマンドコピーの順序を変更する

ターミナルエミュレータの Poderosa はバージョン 4 まではオープンソースでしたが、バージョン 5 以降は有償ソフトウェアになってしまいました。 試用期間もあるのですが、「インターネットから遮断された状態ではターミナルの接続ができない」という制限が…

Windows 10 Insider Preview Program で WSL2 を利用する

現時点では Windows 10 上で WSL2 を利用するには以下の条件が必要だそうです。 Insider Preview Program を有効化し、Build 18971 以降へアップデートしてあること Hypwer-V プラットフォーム機能が有効化されていること Microsoft の WSL 2 のインストール…

WSL で LS_COLORS を調整して、ls した時のディレクトリ表示を見やすくする

WSL (Windows Subsystem for Linux) のデフォルトテーマでは「黒背景に」「ディレクトリは濃い青」で見辛いです。 好みに併せて ~/.dircolors を変更し、LS_COLORS を調整します。 今回、.dircolors は dircolors-solarized からダウンロードしました。

nativefier を使って macOS 上で Windows 向けアプリケーションをパッケージングする

macOS 上の nativefier (ElectronPackager) で Windows 向けにパッケージ作業を実行したら以下のエラーが発生しました。 『wine がインストールされていない』と怒られています… { Error: Could not find "wine" on your system. Wine is required to use th…

Poderosa から WSL を利用する

macOS だと iTerm が非常に使いやすいのですが、Windows ではターミナルエミュレータ毎に一長一短に感じます… 自分でソースコードを書き換え、オレオレ仕様にカスタマイズ出来ると便利なので、Windows ではソースコードが (私にとっては) 読みやすい Poderos…

C# で UI コントロールにスレッドセーフなアクセスをする

Windows Form アプリケーションを作成する際に UI コントロールへスレッドセーフにアクセスするには一工夫、必要です。 例えば TextBox に文字列を設定する場合、C# だと以下のように書けます。 InvokeRequired で Invoke が必要な場合は MethodInvoker を使…

Windows Server 2012 で ProxyArp を設定する

積極的に設定する理由はありませんが、Windows での Proxy 設定手順をメモしておきます。 今回は Windows Server 2012 でテストしました。

PowerShell で Windows Firewall ルールの設定を変更する

Windows Firewall のルールを変更する場合、コントロールパネル(GUI)から設定するだけでなく、PowerShell(CLI)から実施することも可能です。 以下は ICMPv4、TCP、UDP 各々のプロトコルで Windows Firewall を新規設定(追加)してみます。

2016 の Server Core で RDP を有効化する

Windows Server 2016 でも従来同様、sconfig から RDP を有効に出来ます。

WindowsServer 2016 の検証用設定

vSphere 上で検証用の Windows Server 2016 を作成の初期設定をメモしておきます。セキュリティは無視し、検証における使い勝手の良さを重視しています(※本番環境設定の参考にはしないでください)

ASA への AnyConnect 接続時、複数の宛先を選択出来るようにする

複数の Cisco ASA への AnyConnect を切り替えて作業する場合は予め、AnyConnect Profile に接続先サーバを記載しておくと便利です。 以下の内容で Profile.xml ファイルを作成します。