らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

macOS 10.15 Catalina の初期セットアップをする

macOS 10.15 Catalina の、自分なりの初期セットアップ手順をメモしておきます。

TotalSpaces2 をインストールする

まず最初に TotalSpaces2 をインストールします。 How to install TotalSpaces2 も参考にします。

一般

f:id:sig9:20191230173844p:plain:w480

レイアウト

f:id:sig9:20191230173847p:plain:w480

Menu

f:id:sig9:20191230173850p:plain:w480

トランジション

f:id:sig9:20191230173854p:plain:w480

キー操作

f:id:sig9:20191230173858p:plain:w480

ホットコーナー

f:id:sig9:20191230173901p:plain:w480

Apps

f:id:sig9:20191230173903p:plain:w480

Mission Control

f:id:sig9:20191230173907p:plain:w480

キーボード - ショートカット

f:id:sig9:20191230173909p:plain:w480

デスクトップの背景画像を変更する

macOS High Sierra の背景色「ソリッド・アクアブルー」の RGB を参考に、デスクトップの背景色を変更します。

f:id:sig9:20191230173912p:plain

Office をインストールする

業務上必要になることが多いので Office をインストールしておきます。

OneDrive for Business をインストールする

クラウドストレージを多用している場合は各クラウドごとの専用ツールを使う以外にも、以下のようなツールを使って複数のクラウドストレージをマウントするとツールの数が少なくて済みます。 但し、ややお値段がします…

これらのツールを使わない場合は macOS で OneDrive for Business を利用する を参考に OneDrive for Business をインストールします。

Homebrew のインストール

ターミナルから以下を実行し、Homebrew をインストールします。

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

Formula のインストール

よく使う Formula をインストールします。 bash インストール呉は macOS 10.15.2 へ bash.5 系をインストールし補完出来るようにする を参考に設定を済ませておきます。

brew install \
  bash \
  bash-completion@2 \
  fping \
  httping \
  jerm \
  jq \
  nmap \
  telnet \
  tree \
  youtube-dl

sshpass のインストール

パスワードをそのまま書いてしまうのでセキュリティ上は問題がありますが、検証環境での作業時などには便利なので sshpass をインストールしておきます。

brew install https://raw.githubusercontent.com/kadwanev/bigboybrew/master/Library/Formula/sshpass.rb

Cask のインストール

Cask で以下をインストールします。 Wireshark は Fomula からインストールするとアイコンが表示されなかった記憶がある為、Cask でインストールします。

具体的には以下のように実行します。 Franz があるので Slack はインストールしません。

brew cask install \
  alfread \
  franz \
  google-chrome \
  google-japanese-ime \
  iterm2 \
  postman \
  screenflow \
  skitch \
  visual-studio-code
  vlc \
  webex-meetings \
  webex-teams \
  wireshark

App Store からのインストール

App Store からツールをインストールするには mas を使います。 まず、mas をインストールします。

brew install mas

mas を使ってアプリケーションをインストールするには、該当アプリケーションの ID を指定する必要があります。 ID は以下、いずれかの方法で把握することが出来ます。

  1. アプリケーションをインストール済みの環境があれば mas list で ID を出力可能
  2. App Store の URL「https://apps.apple.com/jp/app/screenpointer/id?????????」の末尾、id 以降に続く数字

よく使うアプリケーションをインストールしておきます。

mas install 424389933 # Final Cut Pro
mas install 405399194 # Kindle
mas install 539883307 # LINE
mas install 434290957 # Motion
mas install 1368204906 # ScreenPointer
mas install 472717129 # Type2Phone
mas install 494803304 # WiFi Explorer
mas install 525912054 # WiFi Signal
mas install 497799835 # Xcode

その他

各社が提供している VPN サプリカント (BIG-IP Edge Client や Cisco AnyConnect) 含め、その他必要なものがあれば追加インストールします。