らくがきちょう

なんとなく ~所属組織/団体とは無関係であり、個人の見解です~

Windows 10 に FluentTerminal を入れ WSL をデフォルトにする

Windows 10 に Fluent Termianl をインストールする手順をメモしておきます。

インストール手順

Step.1

GitHub の Releases ページ から最新版の .zip ファイルをダウンロードします。 現時点では 0.6.1 が最新だったので FluentTerminal.Package_0.6.1.0_Test.zip をダウンロードしました。 .zip ファイルをダウンロードしたら展開しておきます。

f:id:sig9:20191207124105p:plain

Step.2

FluentTerminal 自身のインストールを進める前に証明書をローカルコンピュータへインポートします。 .cer ファイルを右クリックし 証明書のインストール をクリックします。

f:id:sig9:20191207124241p:plain

Step.3

証明書のインポート ウィザード が表示されます。 ローカルコンピュータ を選択して次へ進みます。

f:id:sig9:20191207124441p:plain

Step.4

証明書をすべて次のストアに配置する信頼されたルート証明機関 を選択して次へ進みます。

f:id:sig9:20191207124449p:plain

Step.5

指定したパラメータが表示されます。 指定した値に間違い無いことを確認したら 完了 をクリックして証明書のインストールを完了します。

f:id:sig9:20191207124458p:plain

Step.6

これで証明書がインポートされました。

f:id:sig9:20191207124507p:plain

Step.7

FluentTerminal.Package_0.6.1.0_x86_x64.appxbundle をダブルクリックしてインストーラを開始します。

f:id:sig9:20191207124520p:plain

Step.8

インストール をクリックして次へ進みます。

f:id:sig9:20191207124531p:plain

Step.9

しばらく待つとインストールが完了し、FluentTerminal が起動します。

f:id:sig9:20191207124540p:plain

デフォルトターミナルを WSL へ変更する

初期状態ではデフォルトターミナルが PowerShell になっています。 今回はこれを WSL へ変更します。

Step.10

画面左上のメニューから Settings をクリックします。

f:id:sig9:20191207124551p:plain

Step.11

Profiles を確認すると Powershell がチェックされており、デフォルトターミナルになっていることが分かります。

f:id:sig9:20191207124629p:plain

Step.12

WSL を選択し、画面右上の Set Default をクリックします。

f:id:sig9:20191207124638p:plain

Step.13

これでデフォルトターミナルが WSL に変更されました。

f:id:sig9:20191207124649p:plain