らくがきちょう

なんとなく

ElasticSearch + Kibana (7.2) を docker-copmose で秒殺起動する

ElascticSearch + Kibana の構成は鉄板ですが、毎回、ゼロからインストールのはやや手間です。 そこで、今回は docker-compose を使って秒殺で ElasticSearch + Kibana 環境を構築する手順をメモしておきます。 今回は CentOS 7.2 上に 7.2.0 の ElasticSearch / Kinaba を構築しました。 尚、docker や docker-compose がインストールされていない場合は CentOS7 に Docker & Docker Compose をインストールする の手順を参考にインストールしておきます。 但し、docker-compose のバージョンは最新にしておくことをお勧めします。

ディレクトリ構成

最終的には以下のディレクトリ・ファイル構成を作ります。

# tree elasticsearch-kibana/
elasticsearch-kibana/
├── docker-compose.yml
├── elasticsearch
│   └── Dockerfile
└── kibana
    └── Dockerfile

まず、ディレクトリを作成します。

mkdir -p elasticsearch-kibana/elasticsearch
mkdir -p elasticsearch-kibana/kibana

ファイルを用意する

次は以下の内容で各々のファイルを用意していきます。

elasticsearch-kibana/docker-compose.yml

version: '2'

services:
  elasticsearch:
    build: elasticsearch
    volumes:
      - elasticsearch-data:/usr/share/elasticsearch/data
    ports:
      - 9200:9200
    expose:
      - 9300
    environment:
      - discovery.type=single-node
  kibana:
    build: kibana
    ports:
      - 5601:5601

volumes:
  elasticsearch-data:
    driver: local

mkdir -p elasticsearch-kibana/elasticsearch/Dockerfile

FROM docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch-oss:7.2.0

RUN elasticsearch-plugin install analysis-kuromoji

mkdir -p elasticsearch-kibana/kibana/Dockerfile

FROM docker.elastic.co/kibana/kibana-oss:7.2.0

docker-compose で起動する

ここまで用意出来たら、docker-compose.yml と同じディレクトリへ移動し、docker-compose で起動します。

docker-compose up -d

Kibana へアクセスしてみる

しばらく待って ElasticSearch と Kibana が完全に起動したら、ブラウザから http://[HOST-ADDRESS]:5601/ へアクセスし、Kibana にログイン出来ることを確認します。

f:id:sig9:20190705014810p:plain:w800

参考