らくがきちょう

なんとなく

vSphere で仮想マシンのコンソール (画面) へ VNC アクセスする

vSphere で検証を行う際、IP アドレスを割り当てる前の仮想マシンには vCenter 上からコンソール接続するケースが多いと思います。 何らかの理由で vCenter へアクセスさせたくない場合は VNC仮想マシンへアクセスさせることが出来ます。

仮想マシンが停止している状態で「設定の編集仮想マシンオプション設定パラメータ設定の編集」をクリックします。

f:id:sig9:20190703013757p:plain

「設定パラメータ」という画面が開きますので、「設定パラメータの追加」をクリックして入力欄を増やします。

f:id:sig9:20190703013037p:plain

増やした入力欄へ以下の項目と値のペア (Name / Value) を追加します。 誤って作成してしまった項目は「Value を空」にした状態で OK をクリックしてウインドウを閉じると、その値は削除されます。

項目
RemoteDisplay.vnc.enabled TRUE
RemoteDisplay.vnc.port 5901
RemoteDisplay.vnc.keyMap jp

これで用意が整いました。 後は VNC クライアントから ESXi のアドレスと、上記で設定したポート番号 (今回であれば 5901) を指定することで仮想マシンのコンソールへアクセス出来ます。もしアクセス出来ない場合は ESXi のファイアウォール設定等を見直します。

f:id:sig9:20190703013629p:plain