らくがきちょう

なんとなく

検証用テンプレート CentOS7 のパラメータサンプル

検証環境に CentOS7 を作成する時に、よく指定しているパラメータをメモしておきます。 このテンプレートを定期的にアップデートしつつ、vSphere の機能でクローンして利用します。

インストールが完了したら

インストールが完了したら、最後の仕上げは Ansible のプレイブックで仕上げています。 なので、インストール中はホスト名や NTP サーバは指定していません (インストール後に Ansible で調整します)。

仮想マシンのパラメータ

項目 備考
仮想マシン CentOS7_YYYY-MM-DD
仮想マシンのデプロイ先 (場所) 仮想マシンのテンプレート用フォルダ
コンピューティングリソース 任意
ストレージ 任意 共通ストレージを選択する
互換性 ESXi 6.7 以降 出来るだけ、新しいバージョンを選択する
ゲスト OS Linux / CentOS 7 (64 ビット)
CPU 1
メモリ 2
新規ハードディスク 20 シンプロビジョンを選択する
新規ネットワーク 任意 アダプタは VMXNET3。DHCP サーバがあるネットワークを選択する
新規 CD/DVD ドライブ CentOS7 のインストールメディアを指定 「接続する」のチェックを忘れないこと

CentOS7 のパラメータ

No. 項目
1 Language Settings English (United States)
2 Time Settings Asia/Tokyo
3 Installations source Local media
4 Software selection Minimal Install
5 Installation Destination Virtual Disk → Use All Space → LVM
6 Kdump disabled
7 Network configuration 「7 Connect automatically after reboot」を有効にしておく
8 Root password 任意
9 User creation 検証用なのでユーザは作成しない