らくがきちょう

なんとなく

AWS SES の SMTP 設定を使って Linux から mailx でメールする

AWS SES でメール送信設定をし、Linux から (awscli では無く) SMTP インターフェイスでメールの送信テストを実施する方法をメモしておきます。 今回は CentOS7 を使いました。

mailx のインストール

手軽にメールを送信する為に mailx をインストールします。 標準リポジトリから手軽にインストール出来ます。

yum -y install mailx

SMTP の設定

SMTP 関連の設定を ~/.mailrc に記載します。 今回は SES の設定をバージニア (us-east-1) リージョンで行った為、SMTP サーバには email-smtp.us-east-1.amazonaws.com を指定しています。

set smtp-use-starttls
set smtp=smtp://email-smtp.us-east-1.amazonaws.com:587
set smtp-auth=login
set smtp-auth-user=[USERNAME]
set smtp-auth-password=[PASSWORD]
set ssl-verify=ignore
set nss-config-dir=/etc/pki/nssdb/
set from=FROM@EXAMPLE.COM

メール送信コマンド

mailx をインストールするとメールの送信用に (末尾に x の付かない) mail というコマンドが用意されます。 このコマンドを使ってメールを送信するには、例えば以下のように実行します。

echo TestBody. | mail -v -s TestSubject DEST@EXAMPLE.NET