らくがきちょう

なんとなく

Rancher 2.0 をローカルディスクにインストールする

Rancher 2.0 の技術プレビューがリリースされました!

今回は Rancher 2.0 をローカルインストールしてみます。

Docker Engine との互換性

Rancher 2.0 の Quick Start Guide には Docker Engine との互換性について以下のように書かれていました。

To begin, you’ll need to install a supported version of Docker on a single Linux host:

  • Docker v1.12.6
  • Docker v1.13.1
  • Docker v17.03-ce
  • Docker v17.06-ce

rancher ユーザのパスワード変更

cloud-init 用の .yaml を作成する際、手打ちでは厳しいので SSH アクセス出来るように rancher ユーザへパスワードを設定します。

sudo passwd rancher

cloud-init 用ファイル

SSH ログインし、前述の cloud-init 用のファイルを作成します。 今回、ファイル名は cloud-config.yml とし、内容は以下としました。 rancher/server の Tag に preview を指定すると、現時点では Rancher 2.0 がインストールされます。

#cloud-config
hostname: rancher-1
ssh_authorized_keys:
  - ssh-rsa PUBLIC-KEY
rancher:
  network:
    dns:
      nameservers:
        - 8.8.8.8
        - 8.8.4.4
    interfaces:
      eth0:
        address: 10.0.0.1/24
        gateway: 10.0.0.254
        mtu: 1500
        dhcp: false
  services:
    server:
      image: rancher/server:preview
      restart: always
      ports:
       - 8080:8080

ローカルディスクへのインストール

先程作成した cloud-init 用のファイルを指定し、ローカルディスクにインストールします。

yes | sudo ros install -c cloud-config.yml -d /dev/sda

Rnacher にアクセスする

しばらくして rancher/server の起動が完了したら、ブラウザで http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080 にアクセスします。 これで Rancher 2.0 の管理画面が表示されるはずです。

スクリーンショット

ログイン直後の画面は以下のように表示されました。 更にスッキリした印象です。

f:id:sig9:20170929165548p:plain

rancher/agent を追加した後、ホスト一覧を表示すると以下のように表示されました。 ここもかなりスッキリしました (複数のエージェントを追加した際の視認性が大幅に向上したと思います)。

f:id:sig9:20170929165604p:plain

アプリ メニューからカタログを表示させてみました。 カテゴリー毎に分類して表示されるようになりました。

f:id:sig9:20170929165614p:plain

ownCloud をデプロイしてみます。

f:id:sig9:20170929165623p:plain

デプロイ後にコンテナ/スタックの状態を確認すると以下のように表示されました。 コンテナ名をクリックすると詳細が表示されます。

f:id:sig9:20170929165634p:plain

参考