らくがきちょう

なんとなく

Cisco VIRL 1.3.296 リリース

Cisco 社のネットワークシミュレータである VIRL のバージョン 1.3.296 がリリースされました。

リリースノート

リリースノートは以下です。

主な新機能

リリースノートによると、主な新機能は以下の通りです。

  • 新しいデプロイオプション
  • デスクトップの廃止
    • 従来提供されていた LXDE ベースの GUI デスクトップが廃止されました。
  • ランディングページの廃止
    • ランディングページが廃止されました。
  • UWM
    • ランディングページが廃止されたことに伴い、既定のページが「UWM のログイン画面」に変更されました。
    • VMMaestro 等のダウンロードがランディングページからでは無く、UWM へログインした後の画面からダウンロード出来るようになりました。
  • ライセンス
    • ライセンス設定を丸ごとエクスポートしたり、インポートすることが出来るようになりました。
  • OpenStack ネットワーク
    • ベースが Mitaka に変更されました。
    • この変更に伴い、外部への接続がブリッジインターフェイス経由でルーティングされます。
  • CLI セットアップスクリプト
    • IP アドレスを DHCP にしたり、固定アドレスに設定する CLI のセットアップスクリプトが用意されました。 VIRL のコンソールにログインして virl_setup で実行出来ます。
  • プロジェクト
    • VIRL PE (Personal Edition) はシングルユーザに限定されました。 これは 1.3 以降のバージョンでは guest ユーザを含む guest プロジェクトのみが利用されることを意味します。 他のユーザやプロジェクトは作成されません。
  • NX-OSv 9000 サポート
    • NX-OSv 9000 がサポートされるようになりました(※ VIRL 1.3 インストール直後は NX-OSv 9000 のイメージがありませんが、Update を実施することで NX-OSv 9000 が利用出来るようになりました)

新しい Salt Masters

1.2 以前の Salt Masters は以下、いずれかを選択していました。

No.
1 us-1.virl.info, us-2.virl.info, us-3.virl.info, us-4.virl.info
2 eu-1.virl.info, eu-2.virl.info, eu-3.virl.info, eu-4.virl.info

1.3 からは以下の Salt Masters を指定するようです。

No.
1 vsm-us-1.virl.info, vsm-us-2.virl.info, vsm-us-3.virl.info, vsm-us-4.virl.info