らくがきちょう

なんとなく

vSphere 上に RancherOS をインストールする

vSphere 上に RancherOS を使ったコンテナの管理環境を構築してみます。 今回は RancherOS 1.0.01rc2 をインストールしました。

vSphere 上に仮想マシンを作成する

以下のパラメータで仮想マシンを作成します。 仮想 DVD ドライブには RancerOS のインストールイメージをマウントします。 フロッピーディスク・ドライブは不要なので削除しました。

項目
ゲスト OS ファミリ Linux
ゲスト OS バージョン その他の Linux (64 ビット)
CPU 4
メモリ 8GB
ハードディスク 20GB

vloud-config.yml を用意する

RancerOS が起動したら OS のパラメータを cloud-config.yml に用意しておきます。

#cloud-config
hostname: rancher-01
ssh_authorized_keys:
  - ssh-rsa PUBLIC-KEY-STRING USERNAME@localhost
network:
  interfaces:
    eth0:
      address: 192.168.1.1/24
      gateway: 192.168.1.254
      mtu: 1500
      dhcp: false

RancherOS をローカルディスクにインストールする

インストール可能な RancherOS のバージョン一覧は sudo ros os list で表示出来ます。

[rancher@rancher ~]$ sudo ros os list
rancher/os:v1.0.1 remote latest
rancher/os:v1.0.0 remote available
rancher/os:v0.9.2 remote available
rancher/os:v0.9.1 remote available
rancher/os:v0.9.0 remote available
rancher/os:v0.8.1 remote available
rancher/os:v0.8.0 remote available
rancher/os:v0.7.1 remote available
rancher/os:v0.7.0 remote available
rancher/os:v0.6.1 remote available
rancher/os:v0.6.0 remote available
rancher/os:v0.5.0 remote available
rancher/os:v0.4.5 remote available
rancher/os:v0.4.4 remote available
rancher/os:v0.4.3 remote available
rancher/os:v0.4.2 remote available
rancher/os:v0.4.1 remote available
rancher/os:v0.4.0 remote available
v1.0.2-rc2 running

RancherOS は ros install でインストール出来ます。 -i rancher/os:v1.0.1 のように指定するとインストールバージョンを指定出来ます。 但し、ros install を実行してから y を入力しても先に進めません… とりあえず、yes コマンドの結果をパイプすることでインストーラを先に進めます。

yes | sudo ros install -c cloud-config.yml -d /dev/sda

インストール後もコンソール出力を有効にしたい場合は以下のように -a オプションを指定します。

yes | sudo ros install -c cloud-config.yml -d /dev/sda -a "console=tty0 console=ttyS0,115200n8"

ローカルディスクへのインストールが完了したら、自動的に再起動が実行されます。

rancher/server を起動する

rancher/server を起動するには以下のように実行します。

docker run -d -p 8080:8080 rancher/server

Docker イメージが起動したらブラウザで http://xxx.xxx.xxx.xxx:8080 にアクセスします。

参考