らくがきちょう

なんとなく

異なる VRF に所属する Application EPG 間で通信する(同一 Tenant 内)

Cisco ACI で異なる VRF に所属する Application EPG 間で通信するには以下のように設定します。

設定の全体像

Application EPG 同士を Contract で結ぶところまでは通常通りです。 但し、SubnetScopeshared にします。

f:id:sig9:20170527185927p:plain

WebUI での設定

WebUI では TenantNetworkingBridge DomainSubnet から ScopeShared between VRFs にチェックを入れます。

f:id:sig9:20170527185937p:plain

f:id:sig9:20170527185949p:plain

Shared between VRFs にチェックを入れると Contract された先の VRF に対して Route Leak されるようです。