らくがきちょう

なんとなく

ACI で vSphere 連携を設定する

ACI と vSphere を連携すると ACI で EPG を新規作成した際に vSphere(の分散スイッチ)で自動的に PortGroup が作成される為、設定が非常に簡素化されます。 今回は ACI と vSphere の連携設定方法を記載します。

Step.1

VM NetworkingVMware+ を選択します。

f:id:sig9:20170514225554p:plain

Step.2

以下を指定します。

Item Value
Virtual Switch Name 分散スイッチの名前を指定します。
Virtual Switch 仮想スイッチの種類を選択します。 今回は vDS を選択します。
Associated Attachable Entity Profile AEP を選択します。
VLAN Pool この設定内で利用する VLAN Pool を指定します。
vCenter Credentials vCenter へのログイン情報を指定します。
vCenter/vShield vCenter のアドレス等を指定します。
Port Channel Mode ACI 〜 仮想スイッチ間の Port Channel Mode を指定します。
vSwitch Policy ACI 〜 仮想スイッチ間で CDP / LLDP の利用有無を指定します。

f:id:sig9:20170514225610p:plain

Step.3

vCenter Credentials の設定画面は以下の通りです。

Item Value
Name 設定名を指定します。
Username vCenter へログインする際のユーザ名を指定します。
Password vCenter へログインする際のパスワードを指定します。
Confirm Password 再確認の為、パスワードを再入力します。

f:id:sig9:20170514225617p:plain

Step.4

vCenter/vShield の設定画面は以下の通りです。

Item Value
Type 通常は vCenter を指定します。
Name 設定名を指定します。
Host Name (or IP Address) vCenter の名前解決可能なホスト名、または IP アドレスを指定します。
Datacenter 仮想スイッチを作成する、vSphere 上のデータセンター名を指定します。
Associated Credential Step.3 で作成した vCenter へのログイン情報を指定します。

f:id:sig9:20170514225626p:plain

Step.5

ACI 側でここまでの設定を済ませると、vSphere 上に仮想スイッチが作成されるはずです。 下記の画面例では vDS-01 という分散スイッチが作成されていることが分かります。

f:id:sig9:20170514225634p:plain

Step.6

但し、作成された仮想スイッチにはホストが含まれていませんので、ホストを追加していきます。 分散スイッチから ホストの追加と管理 を選択します。

f:id:sig9:20170514225645p:plain

Step.7

ホストの追加 を選択して次に進みます。

f:id:sig9:20170514225654p:plain

Step.8

新規ホスト を選択します。

f:id:sig9:20170514225705p:plain

Step.9

分散スイッチに追加するホストを全て選択します。

f:id:sig9:20170514225815p:plain

Step.10

ホストが追加されたことを確認したら 次へ を選択します。

f:id:sig9:20170514225822p:plain

Step.11

ネットワークアダプタタスクの選択を行います。 必要無ければ VMKernel アダプタの管理 は外します。

f:id:sig9:20170514225831p:plain

Step.12

分散スイッチに追加する物理ネットワークアダプタを選択し、アップリンクの割り当て を選択します。

f:id:sig9:20170514225919p:plain

Step.13

選択した物理ネットワークアダプタに割り当てるアップリンクを選択します。 特にこだわりが無ければ (自動割り当て) を選択します。

f:id:sig9:20170514225928p:plain

Step.14

物理ネットワークアダプタの選択が完了したら影響の分析を確認します。 問題無ければ 次へ を選択します。

f:id:sig9:20170514225937p:plain

Step.15

完了 を選択してウィザードを終了し、設定を完了させます。 これで vSphere 側の設定は完了です。 ここまでの設定は初回のみ、実施すれば OK です。

f:id:sig9:20170514225945p:plain

Step.16

Step.16 以降は EPG を新規作成する度に設定を行います。 EPG を新規作成する際、Associate to VM Domain Profiles を選択します。

f:id:sig9:20170514225953p:plain

Step.17

Specify the VM Domain という画面に遷移しますので、Physical Domain を選択します。

f:id:sig9:20170514230000p:plain