読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

Visual Studio Code で Markdown リアルタイムプレビュー機能を使う

Visual Studio Code には標準で Markdown をリアルタイムプレビュー出来る機能が備わっています。 今回はこの機能の使い方を説明します。

テスト用に新規ドキュメントを作成します。右下に「現在のドキュメントが認識されているタイプ」(デフォルトでは Plain Text)が表示されます。これをクリックし、ウインドウに Markdown と入力してドキュメントタイプを Markdown へ変更します。

f:id:sig9:20170319153210p:plain:w800

テスト用の Markdown を入力します。Markdown の入力が終わったら右上にあるアイコン(Split Editor)をクリックし、ウインドウを分割します。

f:id:sig9:20170319153225p:plain:w800

左右にウインドウが分割されますので、Markdown プレビューを表示させたい側(今回は右側にしました)がハイライトされた状態で Cmd + Shift + V を押します。

f:id:sig9:20170319153234p:plain:w800

これで右側のウインドウは Markdown プレビュー表示になったはずです。左側の Markdown を編集するとリアルタイムで右側のプレビューも更新されます。

f:id:sig9:20170319153245p:plain:w800

常に… では無いのですが、リストのプレビューが稀に上手くいかないようです。