読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

2016 の Server Core で RDP を有効化する

Windows

Windows Server 2016 でも従来同様、sconfig から RDP を有効に出来ます。

sconfig を実行します。sconfig の対話型メニューが開始されたら「7」を入力し、RDP の設定を開始します。

===============================================================================
                         サーバー構成
===============================================================================

1) ドメイン/ワークグループ:                     ワークグループ:  WORKGROUP
2) コンピューター名:                            WIN-3N5OGIIU03R
3) ローカル管理者の追加
4) リモート管理の構成                           有効

5) Windows Update の設定:                       ダウンロードのみ
6) 更新プログラムのダウンロードとインストール
7) リモート デスクトップ:                       無効

8) ネットワーク設定
9) 日付と時刻
10) 製品利用統計情報の設定                  拡張
11) Windows ライセンス認証

12) ユーザーのログオフ
13) サーバーの再起動
14) サーバーのシャットダウン
15) 終了してコマンド ラインに戻る

選択するオプションの番号を入力してください: 7

E」を入力し、RDP を有効化します。

リモート デスクトップを有効(E) または無効(D) にしますか? (入力なし=キャンセル) E

1」を入力し、ネットワークレベル認証を必要とする設定にします。

1) ネットワーク レベル認証を使うリモート デスクトップを実行しているクライアントのみを許可する (高セキュリティ)

2) 任意のリモート デスクトップを実行しているクライアントを許可する (低セキュリティ)

選択内容を入力してください: 1

リモート デスクトップを有効にしています...

15」を入力し、sconfig を終了します。

===============================================================================
                         サーバー構成
===============================================================================

1) ドメイン/ワークグループ:                     ワークグループ:  WORKGROUP
2) コンピューター名:                            WIN-3N5OGIIU03R
3) ローカル管理者の追加
4) リモート管理の構成                           有効

5) Windows Update の設定:                       ダウンロードのみ
6) 更新プログラムのダウンロードとインストール
7) リモート デスクトップ:                       有効 (より安全なクライアントのみ)

8) ネットワーク設定
9) 日付と時刻
10) 製品利用統計情報の設定                  拡張
11) Windows ライセンス認証

12) ユーザーのログオフ
13) サーバーの再起動
14) サーバーのシャットダウン
15) 終了してコマンド ラインに戻る

選択するオプションの番号を入力してください: 15

これで Server Core へ RDP 出来るようになりました。