読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

VIRL で server(Ubuntu)を使う際の設定

Linux VIRL

Cisco VIRL 上で server(Ubuntu)を利用する際の設定をメモしておきます。VIRL のバージョンは 1.3.156 を使いました。

Build Initial Configuration を実行する

デザイナー上で server を配置し、そのまま実行してもサーバにはログイン出来ません。「Configuration → Build Initial Configurations」を実行することで cloud-init による初期設定が実行され、以下のユーザでログイン出来るようになります。

ユーザ名 パスワード
cisco cisco

root に昇格する

以降の手順では root 権限が必要になりますので、sudo su - で root 権限へ昇格しておきます。パスワードは「cisco」です。

$ sudo su -
[sudo] password for cisco:

NIC を固定する

必ずしも NIC を固定する必要は無いのですが、パッケージ全体をアップグレード(apt-get -y upgrade)すると NIC 名が「eth0 → enp3」のように変化してしまった為、予め udev にルールを記載し、NIC 名が変更されないようにしておきます。

echo "SUBSYSTEM==\"net\", ACTION==\"add\", ATTR{address}==\"`cat /sys/class/net/eth0/address`\", NAME=\"eth0\"" > /etc/udev/rules.d/99-nic-name.rules

アドレスを固定化する

「Build Initial Configurations」を実行した影響で、アドレスの設定は cat /etc/network/interfaces.d/50-cloud-init.cfg に記載されています。初期状態では以下のようになっていました。

# This file is generated from information provided by
# the datasource.  Changes to it will not persist across an instance.
# To disable cloud-init's network configuration capabilities, write a file
# /etc/cloud/cloud.cfg.d/99-disable-network-config.cfg with the following:
# network: {config: disabled}
auto lo
iface lo inet loopback
    dns-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4

auto eth0
iface eth0 inet static
    address 172.16.1.70
    netmask 255.255.255.0
    mtu 1500
    post-up route add default gw 172.16.1.2 || true
    pre-down route del default gw 172.16.1.2 || true

auto eth1
iface eth1 inet static
    address 10.255.255.2
    netmask 255.255.255.0
    mtu 1450

今回は以下のパラメータを指定します。

項目
管理ネットワーク用に NIC eth0
アドレス 172.20.1.1
ネットマスク 255.255.255.0
ゲートウェイ 172.20.1.254

上記パラメータに設定すべく、cat /etc/network/interfaces.d/50-cloud-init.cfg を以下のように修正しました。

# This file is generated from information provided by
# the datasource.  Changes to it will not persist across an instance.
# To disable cloud-init's network configuration capabilities, write a file
# /etc/cloud/cloud.cfg.d/99-disable-network-config.cfg with the following:
# network: {config: disabled}
auto lo
iface lo inet loopback
    dns-nameservers 8.8.8.8 8.8.4.4

auto eth0
iface eth0 inet static
    address 172.20.1.1
    netmask 255.255.255.0
    mtu 1500
    post-up route add default gw 172.20.1.254 || true
    pre-down route del default gw 172.20.1.254 || true

auto eth1
iface eth1 inet static
    address 10.255.255.2
    netmask 255.255.255.0
    mtu 1450

修正が完了したら再起動し、意図したアドレス設定で起動してくることを確認します。

reboot

sudoers に NOPASSWD 設定を追加する

必要に応じて cisco ユーザが sudo する際にパスワードが必要無いように設定しておきます。

echo "cisco ALL=(ALL:ALL) NOPASSWD:ALL" >> /etc/sudoers

パッケージのアップグレード

以降は通常通り、パッケージを追加するなり、アップグレードするなりして server(Ubuntu)を利用します。

apt-get -y update ; apt-get -y upgrade ; sync ; sync ; sync ; reboot