らくがきちょう

なんとなく

Docker のベースサイズを拡張する

Docker コンテナが利用可能なストレージサイズのことをベースサイズ(basesize)と呼びます。デフォルトではコンテナあたり、10GB です。これでは不足な場合、サイズを拡張することが出来ます。今回はサイズの拡張手順をメモしておきます。今回は CentOS7 で、Docker のバージョンは 1.12.5 を使いました。

現在のベースサイズ確認

ベースサイズは docker info で確認することが出来ます。

# docker info | grep "Base Device Size"
 WARNING: Usage of loopback devices is strongly discouraged for production use. Use `--storage-opt dm.thinpooldev` to specify a custom block storage device.
 Base Device Size: 10.74 GB

ベースサイズを拡張する

今回はベースサイズを 40GB に拡張してみます。まず Docker を停止し、/var/lib/dockerディレクトリごと削除します。

systemctl stop docker.service
rm -rf /var/lib/docker

/etc/sysconfig/docker-storage 中にデフォルトで以下の記載がありました。

DOCKER_STORAGE_OPTIONS=

これを以下のように書き換えます。

DOCKER_STORAGE_OPTIONS=--storage-opt dm.basesize=40G

Docker を立ち上げます。

systemctl start docker.servivce

ベースサイズが拡張されたことを確認する

ベースサイズが 40GB に拡張されました。

# docker info | grep "Base Device Size"
 WARNING: Usage of loopback devices is strongly discouraged for production use. Use `--storage-opt dm.thinpooldev` to specify a custom block storage device.
 Base Device Size: 42.95 GB