らくがきちょう

なんとなく

CentOS7 で nmcli を使って NIC の MTU 値を変更する

CentOS7 になってから、ネットワーク関連の設定変更は(直接、設定ファイルを修正するのでは無く)nmcli を使って実施するのが推奨になりました。今回は nmcli を使って NIC の MTU 値を変更する方法をメモしておきます。

変更前の状態確認

end192 の MTU 値はデフォルトの 1,500bytes になっています。

# ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:50:56:88:d3:72 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.31.2.1/24 brd 172.31.2.255 scope global ens192
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::daa1:7de3:4c20:1ca9/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

設定変更

ens192 の MTU 値を 9,000bytes に変更してみます。

# nmcli connection modify ens192 802-3.mtu 9000

設定反映

NetworkManager を再起動し、NIC への設定変更を反映します。

# systemctl restart NetworkManager

変更後の状態確認

ens192 の MTU 値が 9,000bytes へ変更されました!

# ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN qlen 1
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 9000 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:50:56:88:d3:72 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.31.2.1/24 brd 172.31.2.255 scope global ens192
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::daa1:7de3:4c20:1ca9/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever

Ping で確認する

Linux 上から DF ビット付きの Ping を実行するには以下のようにします。

ping -M do -s 1600 10.0.0.1