らくがきちょう

なんとなく

vSphere 6.5 の vCSA をインストールする

vSphere 6.5 がリリースされました。vSphere 6.5 からは Windows 用の C# 版 vSphere Client が提供されなくなりました。詳しくは KB2147929 に記載されています。

The Legacy C# Client will still be available with vSphere 6.0 and earlier versions that are not End of Life. For example, the Legacy C# Client will still be available and continue to work with vSphere 5.5 and 6.0. Starting vSphere 6.5 and later, the C# client will not be available.

vCSA(vCenter Server Appliance)は 6.0 以前は .ova ファイルのデプロイ、6.0 以降は .iso 中のインストーラを用いたデプロイ、と配備方法が変更されています。6.5 からは更にインストーラが改良され、OS 毎に専用のインストーラが用意されているようです。今回は macOS から vCSA をインストールする手順をメモしておきます。

Step.1

VMware-VCSA-all-6.5.0-4602587.iso」をマウントし、vcsa-ui-installer/mac/installer.app を実行すると vCSA のインストーラが起動します。Install をクリックします。

f:id:sig9:20161126002700p:plain

Step.2

インストール全体は「Stage1」と「Stage2」に分かれています。(当然ですが)まずは Stage1 から開始します。Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002711p:plain

Step.3

ライセンス条項が表示されます。「I accept the terms of the license agreement.」にチェックを入れて Next をクリックし、次に進みます。

f:id:sig9:20161126002721p:plain

Step.4

PSC(Platform Service Controller)の配備方法を選択します。今回は検証用の小規模環境なので「vCenter Server with an Embedded Platform Service Controller」にチェックし、Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002730p:plain

Step.5

vCSA をインストールする ESXi ホストのログイン情報を入力します。ESXi ホストの IP アドレス、ユーザ名(通常は root)、パスワードを入力し、Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002740p:plain

Step.6

サーバ証明書に関する警告が表示されます。「Yes」をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002750p:plain

Step.7

vCSA の仮想マシン名と、root ユーザのパスワードを入力します。入力が完了したら Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002800p:plain

Step.8

vCSA に管理させる仮想マシンの台数に応じて、vCSA へ割り当てる CPU/メモリ/ディスクリソースを調整します。今回は小規模な検証環境を想定しているので「Tiny」を選択し、Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002811p:plain

Step.9

vCSA を配置するデータストアを選択します。Thick Provisioning では無く、Thin Provisioning にしたい場合は「Enable Thin Disk Mode」にチェックを入れます。必要な情報を選択/入力したら Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002824p:plain

Step.10

アドレスやサブネットマスクゲートウェイ等、ネットワーク関連の情報を入力します。一点、注意ですが、「System Name」にはDNS で解決出来る名前を入力する必要があります。もし、名前解決出来ない値を入力してしまうと、後の工程でエラーになってしまい、vCSA のインストールを完了することが出来ません。必要な値を入力したら Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002837p:plain

Step.11

入力した値が一覧表示されます。問題無ければ Finish をクリックして Stage1 のインストールを開始します。

f:id:sig9:20161126002913p:plain

Step.12

Stage1 のインストールが開始されます。ホストのスペック等にも依存しますが、それなりに時間がかかります…

f:id:sig9:20161126002923p:plain

Step.13

しばらく待つと Stage1 のインストールが完了します。Continue をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002933p:plain

Step.14

ここからは Stage2 の開始です。Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002946p:plain

Step.15

NTP サーバと時刻同期させる場合は「Synchronize time with NTP servers」を選択したまま、「NTP servers」に NTP サーバのアドレスを入力します。NTP サーバを複数、指定する場合はカンマで区切って入力します。vCSA を HA 構成にする場合は「SSH access」を Enabled にする必要があるようです。NTP サーバの指定が完了したら Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126002957p:plain

Step.16

vCSA が管理する SSO ドメインの情報を入力します。例えば以下のような値を入力したとします。

項目 備考
SSO domain name example.local  
SSO user name administrator ※ 固定値の為、変更不可
SSO password PASSWORD  
Site name default-site  

上記のように入力した場合、インストールが完了した vCSA にはユーザ名「administrator@example.local」、パスワード「PASSWORD」でログインすることになります。必要な値を入力したら Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126003010p:plain

Step.17

CEIP(Customer Experience Improvement Program)への参加 / 不参加を確認されます。自身の意図に応じてチェックボックスの値を設定したら Next をクリックして次に進みます。

f:id:sig9:20161126003022p:plain

Step.18

Stage2 で入力した値が一覧表示されます。Finish をクリックして Stage2 のインストールを開始します。

f:id:sig9:20161126003032p:plain

Step.19

OK をクリックして Stage2 のインストールを開始します。

f:id:sig9:20161126003042p:plain

Step.20

Stage2 のインストールも、完了するまでにしばらくかかります…

f:id:sig9:20161126003054p:plain

Step.21

これで vCSA のインストールは完了です。

f:id:sig9:20161126003104p:plain

ブラウザに https://[vCSA のアドレス] と入力すると vCSA へアクセス出来ます。Flash 版の管理画面にアクセスするか、HTML5 版の管理画面にアクセスするか問われます。HTML5 版の方が軽快に動作しますが、現状では HTML5 版の管理画面からは出来ないことが多いので注意が必要です。