読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

MovableType for AWS が書き出すファイルのパーミッションを変更する

AWS Linux MovableType

手軽に MovableType を利用したい場合は MovableType for AWS を使うのが便利です。

MovableType for AWSAmazon Linux がベースになっており、Apache 版と Nginx 版がありますが、「Nginx 版 且つ Micro Instance」に限ってはライセンス費用が無料です。

MovableType for AWSディレクトリ構成

MovableType for AWSディレクトリ構成がやや特殊で、代表的なディレクトリは以下です。

ディレクト 用途
/data/file/static/ MovableType のデフォルト書き出しディレクト
/data/conf/ Nginx と MovableType の設定ファイルが置いてあるディレクト

MovableType for AWS から書き出したファイルのパーミッション

MovableType から書き出したファイルのパーミッション(umask)は /data/conf/mt-config.cgi で以下のように定義されています。

DBUmask              0022
HTMLUmask            0022
UploadUmask          0022
DirUmask             0022

仮に、グループにも書き込み権限を付与し、所謂「775」に設定するには以下のように修正します。

DBUmask              0002
HTMLUmask            0002
UploadUmask          0002
DirUmask             0002

修正が完了したら PSGI サーバ(Starman)を再起動し、設定変更を反映します。

sudo service movabletype restart