読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

Amazon Linux に Zabbix Server 3.0 をインストールする

AWS Linux Zabbix

Amazon Linux に Zabbix Server 3.0 をインストールしたので、手順をメモしておきます。

Zabbix のインストール

Zabbix 自体をインストールする前に、ApachePHP をインストールしておきます。今回は PHP 7.0 を使ってみました。

sudo yum check-update
sudo yum -y install mysql-server httpd24 php70 php70-gd php70-mbstring php70-mysqlnd php70-bcmath

Zabbix をインストールします。

sudo rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/3.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-3.0-1.el6.noarch.rpm
sudo yum check-update
sudo yum -y install zabbix-get zabbix-server-mysql zabbix-web-japanese zabbix-web-mysql

MySQL 上での DB 作成

MySQL を開始します。

sudo service mysqld start
sudo chkconfig mysqld on

MySQL にログインします。

mysql -u root

ユーザとデータベースを作成します。

CREATE USER zabbix;
CREATE DATABASE zabbix;
GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* TO zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'PASSWORD';
FLUSH PRIVILEGES;
quit

引き続き、データベースを構築します。

cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-3.0.5/
zcat create.sql.gz | mysql -u root zabbix

Apache 用の設定ファイルをコピーします。

sudo cp /usr/share/doc/zabbix-web-3.0.5/httpd24-example.conf /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf

PHP の設定ファイル修正

Zabbix 3.0 の要求に従って、php.ini を修正しておきます。post_maxsize、max_execution_time、max_input_time は修正しておかないと Zabbix のインストール途中で警告が表示されてしまいます。

sudo sed -i -e "s/;date.timezone =/date.timezone = Asia\/Tokyo/g" /etc/php.ini
sudo sed -i -e "s/;always_populate_raw_post_data/always_populate_raw_post_data/g" /etc/php.ini
sudo sed -i -e "s/post_max_size = 8M/post_max_size = 16M/g" /etc/php.ini
sudo sed -i -e "s/max_execution_time = 30/max_execution_time = 300/g" /etc/php.ini
sudo sed -i -e "s/max_input_time = 60/max_input_time = 300/g" /etc/php.ini

Zabbix サーバの開始

/etc/zabbix/zabbix_server.conf の DBPassword に MySQL 上に作成した zabbix ユーザのパスワードを設定します。

変更前

# DBPassword=

変更後

DBPassword=PASSWORD

これで準備は完了です。Zabbix サーバを開始します。

sudo service zabbix-server start
sudo service httpd start
sudo chkconfig zabbix-server on
sudo chkconfig httpd on

Zabbix の初期設定

Zabbix の初期設定を進めていきます。

Welcome

Next step をクリックします。

f:id:sig9:20161017000408p:plain

Check of pre-requirements

警告が出る場合は /etc/php.ini 等の設定を見直します。問題無ければ Next step をクリックします。

f:id:sig9:20161017000418p:plain

Configure DB connection

Password に MySQL 上に作成した zabbix ユーザのパスワードを入力し、Next step をクリックします。

f:id:sig9:20161017000426p:plain

Zabbix server details

Next step をクリックします。

f:id:sig9:20161017000436p:plain

Pre-installation summary

Next step をクリックします。

f:id:sig9:20161017000443p:plain

Install

Finish をクリックします。これで Zabbix の初期設定は完了です。

f:id:sig9:20161017000451p:plain

Login

初期状態ではユーザ名「Admin」、パスワード「zabbix」でログイン可能です。ログイン後は適宜、Admin のパスワードを変更したり guest group を無効化したり、設定を修正します。

f:id:sig9:20161017000459p:plain