読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

Amazon Linux のインスタンス作成時に cloud-init でタイムゾーンを指定する

AWS 上に cloud-init 対応ディストリビューションインスタンスを作成するのであれば、起動時にパラメータを指定することで初期設定を実施することが出来ます。インスタンス起動後に Chef や Ansible で設定しても良いですが、cloud-init でシンプルに設定してしまうのも簡易でお勧めです。今回は Amazon Linuxインスタンス時にタイムゾーンを指定してみます。

cloud-init でタイムゾーンを指定する

タイムゾーンを Asia/Tokyo へ変更する場合、cloud-init の設定は以下のようになります。

#cloud-config
timezone: "Asia/Tokyo"

これを EC2 のインスタンス作成時に、以下のように指定します。

f:id:sig9:20161016220318p:plain

確認

インスタンスが起動したらタイムゾーン設定が反映されているか、確認してみます。/etc/localtime を確認してみます。

$ strings /etc/localtime
TZif2
    JCST
TZif2
JCST
JST-9

/etc/sysconfig/clock を確認すると ZONE が Asia/Tokyo になっていることが分かります。

$ cat /etc/sysconfig/clock
ZONE=Asia/Tokyo
UTC=true

date で現在時刻を確認してみます。

$ date
Sun Oct 10 22:00:05 JST 2016