読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

squid で「BASIC 認証アリ / キャッシュしない」Proxy を作る

Proxy 用のソフトウェアとしては squid が有名です。今回は squid を使って以下のような Proxy を構築してみます。

  • BASIC 認証させる
  • キャッシュさせない(配下のコンテンツが頻繁に更新される想定)

squid の構築

yumsquid をインストールします。BASIC 認証の設定を行うので httpd-tools もインストールしておきます。

yum -y install httpd-tools squid

squid 3.3.8 がインストールされました。

# squid -v
Squid Cache: Version 3.3.8

squid.conf の設定ファイルは /etc/squid/squid.conf にあります。これを以下のように修正します。Listen するポートはデフォルトの 3128/TCP のままにしています。

acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80      # http
acl Safe_ports port 21      # ftp
acl Safe_ports port 443     # https
acl Safe_ports port 70      # gopher
acl Safe_ports port 210     # wais
acl Safe_ports port 1025-65535  # unregistered ports
acl Safe_ports port 280     # http-mgmt
acl Safe_ports port 488     # gss-http
acl Safe_ports port 591     # filemaker
acl Safe_ports port 777     # multiling http
acl CONNECT method CONNECT
auth_param basic program /usr/lib64/squid/basic_ncsa_auth /etc/squid/.htpasswd
auth_param basic children 5
auth_param basic realm Squid Basic Authentication
auth_param basic credentialsttl 5 hours
acl password proxy_auth REQUIRED
http_access allow password
no_cache deny all
http_port 3128
cache_store_log none
coredump_dir /var/spool/squid
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0 0%  0
ipcache_size 5120

htpasswd で BASIC 認証用のパスワードファイルを作成を作成しておきます。

htpasswd -c /etc/squid/.htpasswd USERNAME

squid を再起動して完了です。

systemctl restart squid.service

Web サーバの構築

Apache をインストールします。SSL/TLS も使うので mod_ssl もインストールしておきます。

yum -y install httpd mod_ssl

Aapache を起動します。合わせて自動起動の設定も実施しておきます。

systemctl start httpd.service
systemctl enable httpd.service

キャッシュさせない設定

Can I make Squid proxy only, without caching anything? に以下の記載がありました。squid のバージョンに応じて『キャッシュさせない設定』が変わっているので要注意です。

With Squid-2.7, Squid-3.1 and later you can also remove all 'cache_dir' options from your squid.conf to avoid having a cache directory.

デフォルトの squid 設定ファイル

デフォルトの設定ファイルは /etc/squid/squid.conf.default にありました。コメントを除外すると以下のようになっていました。

# grep -v -e '^\s*#' -e '^\s*$' /etc/squid/squid.conf.default
acl localnet src 10.0.0.0/8 # RFC1918 possible internal network
acl localnet src 172.16.0.0/12  # RFC1918 possible internal network
acl localnet src 192.168.0.0/16 # RFC1918 possible internal network
acl localnet src fc00::/7       # RFC 4193 local private network range
acl localnet src fe80::/10      # RFC 4291 link-local (directly plugged) machines
acl SSL_ports port 443
acl Safe_ports port 80      # http
acl Safe_ports port 21      # ftp
acl Safe_ports port 443     # https
acl Safe_ports port 70      # gopher
acl Safe_ports port 210     # wais
acl Safe_ports port 1025-65535  # unregistered ports
acl Safe_ports port 280     # http-mgmt
acl Safe_ports port 488     # gss-http
acl Safe_ports port 591     # filemaker
acl Safe_ports port 777     # multiling http
acl CONNECT method CONNECT
http_access deny !Safe_ports
http_access deny CONNECT !SSL_ports
http_access allow localhost manager
http_access deny manager
http_access allow localnet
http_access allow localhost
http_access deny all
http_port 3128
coredump_dir /var/spool/squid
refresh_pattern ^ftp:       1440    20% 10080
refresh_pattern ^gopher:    1440    0%  1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0 0%  0
refresh_pattern .       0   20% 4320

Proxy の切り替えツール

Chrome 上で手軽に Proxy を切り替えるには Proxy SwitchySharp が便利です。

参考