読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

CentOS 7.2 に EPEL リポジトリを追加するには

EPEL について、EPEL の wiki ページ には以下のように記載されています。

エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ(EPEL) は、 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 向けの高品質なアドオンパッケージであり、CentOSScientific Linux (SL) のような RHEL からスピンオフしたディストリビューションと互換性のある、Fedora プロジェクトで有志によって作成されたパッケージになります。FedoraRHEL のアップストリームであり、EPEL のアドオンパッケージは主に RHEL 向けにビルドされた Fedora リポジトリをソースとしています。

今回は CentOS 7.2 に EPEL リポジトリを追加する手順をメモしておきます。

インストール

yum でインストールするだけです。

yum update
yum install -y epel-release

標準の /etc/yum.repos.d/epel.repo

リポジトリの情報は /etc/yum.repos.d/epel.repo に記載されています。標準では以下のような内容になっていました。

# cat /etc/yum.repos.d/epel.repo
[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

[epel-debuginfo]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Debug
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch/debug
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-debug-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
gpgcheck=1

[epel-source]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch - Source
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/SRPMS
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-source-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7
gpgcheck=1

自動的に参照されるのを止める

標準のままですと yum コマンド実行時には自動的に EPEL が参照されます。自動的に参照されるのを止め、明示的に指定した時にだけ EPEL リポジトリを参照させるには /etc/yum.repos.d/epel.repo を epel セクションを以下のように『enabled=0』へ設定変更します。

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 7 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/7/$basearch
mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-7&arch=$basearch
failovermethod=priority
#enabled=1
enabled=0
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-7

明示的に EPEL リポジトリの利用を指定するには yum コマンド利用時に --enablerepo=epel を指定します。

yum --enablerepo=epel install PACKAGE