らくがきちょう

なんとなく

VIRL 1.1.1 (4/16) がリリースされました

Cisco VIRL の最新バージョン 1.1.1 が公開されていました。

アップデート内容は以下の通りです。

VIRL ソフトウェア

コンポーネント 1.0.26 1.1.1
Openstack Kilo -
VM Maestro 1.2.5 Build Dev-388 1.2.6 Build Dev-393
AutoNetkit 0.21.4/0.21.6 0.21.4/0.21.7
Live Network Collection Engine 0.8.12 0.9.5
VIRL_CORE 0.10.22.7 0.10.24.7

プラットフォーム

IOSv、NX-OSv、ASAv がアップデートされました。NX-OSv はコミュニティサイトの NXOSv - more info に「The first virtual machine platform using the next generation NXOS operating system will be NXOSv9000, which is expected to be available on VIRL in late 2016.」と記載がある通り、VIRL 1.1.1 でも Titanium (Nexus 7000) ベースのままのようです (=NX-OSv の L2 機能にはサポートされない機能が多いままだと思われます)。

プラットフォーム 1.0.26 1.1.1
IOSv 15.6(1)T 15.6(2)T
IOSvL2 15.2.4055 DSGS -
IOSXRv 6.0.0 -
IOS XRv 9000 6.0.0 -
CSR1000v 3.17 XE-based -
NX-OSv 7.2.0.D1.1(121) 7.3.0.1
ASAv 9.5.1 9.5.2
Ubuntu 14.4.2 Cloud-init -

新機能

リリースノートから新機能の名称だけ、抜粋しておきます。Real-time traffic visualization と GIT Repository browser enhancement が便利そうです。Online resource requirements calculator は起動したい VM の種類/数を入力すると、必要なメモリ容量を算出してくれるようです。

  • Virtual Machines and Container images
    • IOSv 15.6(2)T
    • NX-OSv 7.3.0.1
    • ASAv 9.5.2
  • General features
    • NAT enabled on PC.OVA images
    • Online resource requirements calculator
    • System software upgrade simplification
    • Real-time traffic visualization
    • GIT Repository browser enhancement
    • Syslog data export
    • Ostinato LXC name change
    • VIRL on Openstack Clusters - Cluster compute node images are now available!