読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

Ubuntu 15.10 に Linuxbrew をインストールしてみる

OS X には Homebrew というパッケージマネージャがありますが、これを Linux に移植した Linuxbrew というソフトウェアがあります。Linuxbrew には以下のようなメリットがあります。

  1. 実行に root 権限が必要無い
  2. LinuxOS X (Mac) で同じパッケージマネージャが使える
  3. OS のパッケージマネージャでは提供されていないソフトウェアでも、見つかる場合がある
  4. ホームディレクトリ配下にインストールされるので、不要になった時は削除が簡単

今回は Ubuntu 15.10 に Linuxbrew をインストールしてみます。

インストール

事前に必要なパッケージをインストールしておきます。この部分だけ、root 権限が必要になります。

sudo apt-get -y install build-essential curl git python-setuptools ruby

いよいよ Linuxbrew をインストールします。

ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/linuxbrew/go/install)"

実際のインストールログは以下のようになります。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Linuxbrew/linuxbrew/go/install)"
==> This script will install:
/home/user/.linuxbrew/bin/brew
/home/user/.linuxbrew/Library/...
/home/user/.linuxbrew/share/man/man1/brew.1

Press RETURN to continue or any other key to abort
    ・
    ・
    ・
==> Next steps
Install the Linuxbrew dependencies:

Debian, Ubuntu, etc.:
  `sudo apt-get install build-essential`

Fedora, Red Hat, CentOS, etc.:
  `sudo yum groupinstall 'Development Tools'`

See http://brew.sh/linuxbrew/#dependencies for more information.

Run `brew doctor` before you install anything
Run `brew help` to get started

ソフトウェアを追加すると ~/.linuxbrew/bin にリンクが作成されます (実体は ~/.linuxbrew/Cellar にインストールされます )。man も含め、必要な環境変数を ~/.bashrc に追記しておきます。

export PATH="$HOME/.linuxbrew/bin:$PATH"
export MANPATH="$HOME/.linuxbrew/share/man:$MANPATH"
export INFOPATH="$HOME/.linuxbrew/share/info:$INFOPATH"

最後の仕上げに brew doctor を実行しておきます。

$ brew doctor
Your system is ready to brew.

これでインストールは完了です。あとは Homebrew と同様に使えます。