らくがきちょう

なんとなく

OpenWrt 化した RouterBoard を RouterOS に戻す

MikroTik の RouterBoard シリーズは OpenWrt に入れ替えることが出来ます。OpenWrt は機能も豊富で遊び甲斐がありますが、RouterOS に戻したくなる時もあります… そういった時は MikroTik が公式に配布している「Netinstall」というツールを使うことで簡単に RouterOS へ戻すことが可能です。尚、「OpenWrt 化 / RouterOS への戻し」作業に不慣れなうちは、コンソール付きの機種で試すことをオススメします。

事前準備

OpenWrt 化した RouterBoard を RouterOS に戻すには、事前に以下を用意しておく必要があります。

  1. Windows マシン(※ Netinstall は Windows 上でしか動作しない為)
  2. Netinstall のバイナリ
  3. RouterOS のバイナリ

バイナリは MikroTik のダウンロードサイトからダウンロードすることが出来ます。今回は Windows と RouterBoard(の、eth1)を直結しています。今回の作業中に指定するパラメータは以下としました。

項目
起動プロトコル bootp(67/UDP
Windows のアドレス 192.168.88.254/24
クライアント(RouterBoard)のアドレス 192.168.88.1

Windows 上で Netinstall を起動する

Windows 上で Netinstall を起動します。ウインドウ中央にある Browse ボタンをクリックし、事前にダウンロードした RouterOS を保存してあるディレクトリを指定します。

f:id:sig9:20151218014133p:plain

すると、RouterOS のバージョンが表示されます。次は Net booting をクリックします。

f:id:sig9:20151218014139p:plain

「Boot Server enabled」にチェックを入れ、クライアントアドレスを入力します。入力が完了したら OK をクリックします。

f:id:sig9:20151218014145p:plain

RouterBoard を起動する

コンソール接続した状態で RouterBoard を起動します。RouterBoard のコンソールポートはボーレートが 115,200 なので、ターミナルソフト側のボーレート設定は合わせておきます。起動すると「2 秒以内に何か押せ」と促されますので、適当なキーを押します。

RouterBOOT booter 3.18

RouterBoard 493G

CPU frequency: 680 MHz
  Memory size: 256 MiB
    NAND size: 128 MiB

Press any key within 2 seconds to enter setup

2 秒以内にいずれかのキーを押すと、起動オプションに関するメニューが表示されます。p を押し、「boot protocol」を選択します。

RouterBOOT-3.18
What do you want to configure?
   d - boot delay
   k - boot key
   s - serial console
   n - silent boot
   o - boot device
   f - cpu frequency
   r - reset booter configuration
   e - format nand
   w - repartition nand
   g - upgrade firmware
   i - board info
   p - boot protocol
   b - booter options
   t - do memory testing
   x - exit setup
your choice: p - boot protocol

起動プロトコルの選択メニューが表示されます。1 を押して「bootp」を選択します。

Choose which boot protocol to use:
 * 1 - bootp protocol
   2 - dhcp protocol
your choice: 1 - bootp protocol

メニュー一覧に戻ります。次は o を押して「boot device」を選択します。

RouterBOOT-3.18
What do you want to configure?
   d - boot delay
   k - boot key
   s - serial console
   n - silent boot
   o - boot device
   f - cpu frequency
   r - reset booter configuration
   e - format nand
   w - repartition nand
   g - upgrade firmware
   i - board info
   p - boot protocol
   b - booter options
   t - do memory testing
   x - exit setup
your choice: o - boot device

1 を押して「boot Ethernet once, then NAND」を選択します。

Select boot device:
   e - boot over Ethernet
 * n - boot from NAND, if fail then Ethernet
   1 - boot Ethernet once, then NAND
   o - boot from NAND only
   b - boot chosen device
   f - boot Flash Configure Mode
   3 - boot Flash Configure Mode once, then NAND
your choice: 1 - boot Ethernet once, then NAND

これで必要な設定は終わりです。x を押して「exit setup」を選択します。

RouterBOOT-3.18
What do you want to configure?
   d - boot delay
   k - boot key
   s - serial console
   n - silent boot
   o - boot device
   f - cpu frequency
   r - reset booter configuration
   e - format nand
   w - repartition nand
   g - upgrade firmware
   i - board info
   p - boot protocol
   b - booter options
   t - do memory testing
   x - exit setup
your choice: x - exit setup

RouterBoard が再起動しなおしますが、Netinstall が起動していれば bootp で起動してくるはずです。

writing settings to flash... OK



RouterBOOT booter 3.18

RouterBoard 493G

CPU frequency: 680 MHz
  Memory size: 256 MiB
    NAND size: 128 MiB

Press any key within 2 seconds to enter setup..
writing settings to flash... OK
trying bootp protocol... OK
Got IP address: 192.168.88.1
resolved mac address XX:XX:XX:XX:29:CC
transfer started ........................... transfer ok, time=1.93s
setting up elf image... OK
jumping to kernel code
memSize=256712
flashSize=133955584
Welcome to MikroTik Router Software remote installation
Press Ctrl-Alt-Delete to abort

mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E4
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E8
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E3
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E7
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E2
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E6
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E1
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E5
mac-address: XX:XX:XX:XX:51:E9

software-id: Q5VL-IGHX key:
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX==

Waiting for installation server...

コンソールは一旦、この表示で止まるはずです。

Netinstall 側でインストールを開始する

Netinstall のウインドウを確認すると RouterBoard の MAC アドレスが表示され、状態(Status)が「Readby」になっているはずです。画面下側表示されている「戻し先の RouterOS バージョン」をクリックし、選択された状態にします(青く反転させます)。

f:id:sig9:20151218014151p:plain

これで準備 OK です。install をクリックし、インストール作業を開始させます。

f:id:sig9:20151218014157p:plain

プログレスバーがどんどん進み、しばらくすると RouterOS のインストール作業が完了するはずです。

f:id:sig9:20151218014203p:plain

RouterOS への戻し作業完了

RouterOS のインストール中、RouterBoard のコンソールは以下のように表示されていました。

Found server at XX:XX:XX:XX:C1:DA

Formatting disk.....

installed routeros-mipsbe-6.33.3
Writing configuration...

Software installed.
Press ENTER to reboot

これでインストール作業は完了です。Enter キーを押すと見慣れた RouterOS のログイン画面が表示されるはずです。

MikroTik 6.33.3 (stable)
MikroTik Login: