読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

show コマンド実行時の VRF 指定を省略する(※ IOS-XR 限定)

Cisco Network VRF

VRF を設定している環境で show コマンド実行する場合、都度、VRF を指定するのは煩わしいものです。IOSIOS-XE には実装されていないようなのですが、ASR9000 で使われている IOS-XR では「明示的に指定しなかった場合の VRF」を set default-vrf で指定しておくことが出来ます。今回はこのコマンドの動作を確認します。尚、set default-vrf は 1 セッションでのみ、有効です。例えば SSH セッションを切断して再ログインしなおすと初期状態(= set default-vrf の指定が無い状態)に戻ります。

コンフィグ

XRv に以下のコンフィグが投入されている前提で検証します。

hostname XRv
vrf VRF-1
!
vrf VRF-2
!
vrf VRF-3
!
interface Loopback0
 ipv4 address 10.0.0.0 255.255.255.255
!
interface Loopback1
 vrf VRF-1
 ipv4 address 10.1.1.1 255.255.255.255
!
interface Loopback2
 vrf VRF-2
 ipv4 address 10.2.2.2 255.255.255.255
!
interface Loopback3
 vrf VRF-3
 ipv4 address 10.3.3.3 255.255.255.255
!
end

show コマンドの実行結果

show コマンドの実行結果を確認していきます。

デフォルトの状態

デフォルトの set default-vrf を指定してい状態で show コマンドを実行すると、グローバルテーブルを確認します。

RP/0/0/CPU0:XRv# show route local
Sat Sep  5 16:42:08.248 UTC

L    10.0.0.0/32 is directly connected, 00:09:41, Loopback0

set default-vrf を指定した状態

set default-vrf を実行します。

RP/0/0/CPU0:XRv# set default-vrf VRF-1
Sat Sep  5 16:43:46.251 UTC
%% Default Virtual Routing/Forwarding is set to VRF-1

すると、VRF 指定を省略しても「default-vrf」として指定した VRF に関連する情報が表示されます。

RP/0/0/CPU0:XRv# show route local
Sat Sep  5 16:43:48.291 UTC

L    10.1.1.1/32 is directly connected, 00:11:21, Loopback1

従来通り、VRF 名を明示的に指定することも可能です。

RP/0/0/CPU0:XRv# show route vrf VRF-1 local
Sat Sep  5 16:45:21.265 UTC

L    10.1.1.1/32 is directly connected, 00:12:54, Loopback1
RP/0/0/CPU0:XRv#
RP/0/0/CPU0:XRv# show route vrf VRF-2 local
Sat Sep  5 16:45:27.864 UTC

L    10.2.2.2/32 is directly connected, 00:13:00, Loopback2

グローバル情報を確認するには VRF 名として「**nVSatellite」を指定すると良いようです。

RP/0/0/CPU0:XRv# show route vrf **nVSatellite local
Sat Sep  5 16:46:28.060 UTC

L    10.0.0.1/32 is directly connected, 00:28:12, nV-Loopback0

セットされている「default-vrf」を確認する方法

show default-afi-safi-vrf でセットされている default-vrf を確認出来ます。その他、デフォルトとして設定されている AFI / SAFI の情報も確認出来ます。

RP/0/0/CPU0:XRv# show default-afi-safi-vrf
Sat Sep  5 16:38:22.813 UTC
%% Default AFI/SAFI/VRF for this session is:
	Address Family Identifier:	 ipv4
	Sub-Address Family Identifier:	 unicast
	Virtual Routing/Forwarding:	 VRF-1

グローバルに戻すには

冒頭に記載した通り、set default-vrf は 1 セッションの間でのみ、有効です。該当のセッション(SSH なり、TELNET なり)を切断・再接続することで初期状態に戻ります。またはセッションを切断・再接続しなくても、set default-vrf none を実行することで VRF 指定を外し、グローバルを参照するように戻せます。

RP/0/0/CPU0:XRv# set default-vrf none
Sat Sep  5 16:50:22.334 UTC
%% Default Virtual Routing/Forwarding is set to

RP/0/0/CPU0:XRv# show route local
Sat Sep  5 16:50:26.544 UTC

L    10.0.0.0/32 is directly connected, 00:17:59, Loopback0

show default-afi-safi-vrf を実行すると VRF(Virtual Routing/Forwarding:)の出力が「」(空欄)になっており、VRF 指定が無くなったことが分かります。

RP/0/0/CPU0:XRv# show default-afi-safi-vrf
Sat Sep  5 16:51:21.710 UTC
%% Default AFI/SAFI/VRF for this session is:
	Address Family Identifier:	 ipv4
	Sub-Address Family Identifier:	 unicast
	Virtual Routing/Forwarding: