読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

Cisco VIRL のログイン情報まとめ

Cisco Network VIRL

Cisco の公式ネットワークシミュレータである Cisco VIRL を使うと、仮想化環境内で簡単に Cisco IOSv や CSR1000v、XRv、Nexus を検証することが出来ます。VIRL は OpenStack をベースに複数のソフトウェアを組み合わせている為、ソフトウェア毎に複数のログイン情報が必要になります。検証対象ネットワーク製品と合わせて、ログイン情報を整理しておきます。

VIRL 自体へのログイン情報

VIRL は Ubuntu で動作しています。Ubuntu へのログイン情報を以下にまとめます。

対象 ユーザ名 パスワード
SSH アクセス virl VIRL
HTTP アクセス uwmadmin password
VM Maestro アクセス guest guest

検証対象ネットワーク製品へのログイン情報

検証対象機器へのログイン情報は 'Build Initial Configuration' しているか、どうかで変わります。特に Server (Ubuntu) は 'Build Initial Configuration' しないとユーザ情報が無く、ログインが出来ないようなので要注意です。

'Build Initial Configuration' している場合

Server 上には「cisco」ユーザ以外にも「ubuntu」というユーザが定義されているようなのですが、パスワードが無い為にログイン出来ないようです。

対象 ログインユーザ名 ログインパスワード enable パスワード
ASAv (N/A) (N/A) cisco
CSR1000v (N/A) (N/A) cisco
IOSv (N/A) (N/A) cisco
IOSv L2 (N/A) (N/A) cisco
IOS XRv (1) admin admin (N/A)
IOS XRv (2) cisco cisco (N/A)
IOS XRv (3) lab lab (N/A)
NX-OSv (1) admin admin (N/A)
NX-OSv (2) cisco cisco (N/A)
NX-OSv (3) lab lab (N/A)
jumphost guest guest (N/A)
Server (Ubuntu) cisco cisco (N/A)

'Build Initial Configuration' していない場合

'Build Initial Configuration' している場合と違って、NX-OSv へのログインユーザが「admin」だけになります。また、上述した通り、Server へログイン出来なくなります。

対象 ログインユーザ名 ログインパスワード enable パスワード
ASAv (N/A) (N/A) (N/A)
CSR1000v (N/A) (N/A) (N/A)
IOSv (N/A) (N/A) (N/A
IOSv L2 (N/A) (N/A) (N/A
IOS XRv (1) admin admin (N/A)
IOS XRv (2) cisco cisco (N/A)
IOS XRv (3) lab lab (N/A)
NX-OSv admin admin (N/A)
jumphost guest guest (N/A)
Server (Ubuntu) (ユーザ未定義の為、ログイン不可) (N/A) (N/A)

参考

上記からの引用です。

You've downloaded and installed VIRL. You're presented with various username and password prompts when you use it, so here's the list of default usernames and passwords that you need to know:

  1. Ssh access to the VIRL VM: username=virl, password=VIRL VIRL VM
  2. window login: username=virl, password=VIRL
  3. VM Maestro default user: username=guest, password=guest
  4. User Workspace management administrator: username=uwmadmin, password=password
  5. Linux VM jumphost: username=your project username, typically guest, password=your project password, typically guest
  6. Linux Servers default user (If using 'Build Initial Configurations'): username=cisco, password=cisco
  7. Cisco VMs (If using 'Build Initial Configurations'): username=cisco, password=cisco

If you do NOT use 'Build Initial Configuration', the following apply:

  1. ASAV - no default password, no default enable password, default configuration present
  2. CSR1000v - no default password, no default enable password, default configuration present
  3. IOSv - no default password, no default enable password, no default configuration present
  4. IOSvL2 - no default password, no default enable password, no default configuration present
  5. IOS XRv - default username/password = admin/admin, cisco/cisco, lab/lab, no default configuration present
  6. NXOSv - default username/password = admin/admin, default configuration present
  7. Linux/Cloud-init - requires cloud-init configuration injection, no default username/password present - inaccessible