らくがきちょう

なんとなく

Cisco UCS Director で Developer Menu を有効化する

Cisco UCS Director で開発を行う際、API の引数等を確認するには REST API Browser を使うと便利です。REST API Browser はデフォルトで無効化されているので、利用したい場合は有効化する必要があります。今回は REST API Browser を表示する手順を説明し…

Cisco ACI で Contract 設定用 XML を出力する Python スクリプトサンプル

Cisco ACI 上で普段の運用は Web GUI が使えれば十分です。しかし、「大量に設定を行いたい」といった場合は CLI や REST API を使いこなせると効率が上がります。今回は Python スクリプトを使って大量の Contract を設定するサンプルを示します。

Cisco ACI 機器群に(パスワード認証では無く)鍵交換方式でログインする

Cisco ACI の機器群、具体的には APIC や Spine、Leaf への SSH アクセスはデフォルトでパスワード認証方式になっています。これを鍵交換方式でもログイン出来るように変更し、パスワードを入力せずに SSH アクセス出来るようにするには以下のように設定しま…

Cisco UCS CIMC で「SSL_ERROR_RX_MALFORMED_SERVER_KEY_EXCH」エラーが出た場合の対処方法

各社のサーバには専用の管理ポートを用いて Remote KVM 機能を提供するものが多くあります。KVM とは「Keyboard Video Mouse」の略で、要は「離れた場所にいても、あたかも直接キーボードやモニタ、マウスを接続しているようにサーバを扱える機能」です。各…

AWS でリダイレクトを Metadata で実現する

AWS

AWS の S3 を Static website hosting で公開している場合、リダイレクトを実現するには Redirection rules を使うのが一般的かも知れません。Redirection rules 設定には「アクセスされたプロトコル(HTTP or HTTPS)を見分けて、リダイレクト先のプロトコ…

AWS CloudFront でキャッシュにヒットしているか?を確認する

AWS の CloudFront を利用すると、手軽に/短時間で CDN サービスを利用することが出来ます。CloudFront へのアクセス時に「キャッシュにヒットしているか?否か?」は X-Cache や Age というヘッダを見ると分かります。 X-Cache ヘッダの意味 X-Cache は以下…

Ubuntu 16.x に Docker & Docker Compose をインストールする

Ubuntu 16.x に Docker をインストールする手順をメモしておきます。Docker は Community Edition をインストールします。

高機能 Wiki「Crowi」を Docker で手軽に試す

Crowi はデフォルトで Markdown のリアルタイムプレビューが使える、非常に完成度の高い Wiki です。 Crocos Wiki を Crowi として公開しました Markdownで書ける、よさげなWikiサーバーソフトまとめ ローカルにインストールする場合は Node.js や MongoDB …

Chrome v56 でサーバ証明書を確認する

以前はアドレスバー左脇にある緑の鍵マークをクリックするとサーバ証明書の内容を確認出来たと思います。しかし、Chrome のバージョン 56 からは証明書の確認方法が変わったようなので新しい確認方法をメモしておきます。

Excel の表から Markdown を生成する

Excel 上で作成した表を Markdown に変換する際、Markdown Tables Generator が便利だったので使い方をメモしておきます。Windows / macOS の Excel + Chrome で確認しましたが、いずれも問題無く動作しました。

バックエンドを S3 にした ownCloud をベンチマークしてみる

「ownCloud + オブジェクトストレージのベンチマーク」のベンチマークを取得してみました。

Ubuntu16 でホスト名&タイムゾーンを設定する

Ubuntu16 でホスト名&タイムゾーンを設定するには以下を実行します。 hostnamectl set-hostname HOSTNAME timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

LB の動作確認をする際に Web サーバ側においておく PHP スクリプト

LB のテストをする際は Web サーバに「分散対象になったサーバのホスト名やアドレス、アクセス日時」等を表示させるスクリプトを置いておくと便利です。具体的には以下のような PHP スクリプトを置いて試験することが多いです。

CentOS 7 に awscli をインストールする

CentOS に awscli をインストールする手順をメモしておきます。

Linux の指定数 CPU コアに負荷をかける

この記事は tmatsuu さんの Mac Pro(Late 2013)を火鉢に見立てて暖を取る方法Add Startsucchi1022 のリスペクト記事です。あくまで自分へのメモであり、詳細は元記事をご覧になることを強くオススメします。 「複数の CPU コアを持つ Linux マシンで、指定数…

Docker イメージで acitoolkit を手軽に試す

Cisco ACI の設定は通常、Web UI で十分に事足ります。しかし、「大量の項目を効率よく設定したい」「作業を自動化したい」という場合はスクリプト (プログラム) を活用するのが便利です。スクリプトから ACI にアクセスする為の手段も幾つかあるのですが、P…

macOS のインストーラで RAID を構成する

最近の macOS ではインストーラのディスクユーティリティで RAID が構成出来なくなりました。しかし、インストーラのターミナルから適切なコマンドを実行すれば RAID を構成することは可能です。

Python だけでスクリプトの実行時間を計測する

Python だけで実行時間を計測する必要があったので、サンプルをメモしておきます。

Amazon Linux に Zabbix エージェントをインストールする

Amazon Linux に Zabbix Agent をインストールする手順を記載します。CentOS6 等にインストールするのと同じ手順です。

2016 の Server Core で RDP を有効化する

Windows Server 2016 でも従来同様、sconfig から RDP を有効に出来ます。

WindowsServer 2016 の検証用設定

vSphere 上で検証用の Windows Server 2016 を作成の初期設定をメモしておきます。セキュリティは無視し、検証における使い勝手の良さを重視しています(※本番環境設定の参考にはしないでください)

Cisco VIRL 1.3.156 で生成される Server の cloud-init 用コンフィグ

Cisco VIRL 1.3.156 で Server (Ubuntu) をデザイナー上に配置し、Configuration → Build Initial Configurations を実行した際に生成される cloud-init のコンフィグをメモしておきます。必要に応じて適宜、修正して活用すると便利です。

vSphere 上の仮想マシンのディスクを擬似的に SSD として認識させる

Emulating an SSD Virtual Disk in a VMware Environment の手順通りに設定すると、vSphere 上の仮想マシンに接続されたディスクを擬似的に SSD に見せかけることが出来ます。今回は vSphere 6.0 Update2 上に作成した CentOS7 仮想マシンで試してみます。

Microsoft 公式リポジトリから Ubuntu/CentOS へ PowerShell Core をインストールする

今までも Ubuntu 向けに PowerShell Core をインストールするのが難しかったわけでは無いのですが、2017年2月10日号 PowerShell CoreのUbuntu向けリポジトリ・UWN#497によると Microsoft が CentOS や Ubuntu といった Linux 向けに yum や apt で PowerShel…

Cisco ACI で「APIC」「Spine/Leaf」を初期化する

Cisco ACI における「APIC」「Spine & Leaf」の初期化手順をメモしておきます。

VIRL で server(Ubuntu)を使う際の設定

Cisco VIRL 上で server(Ubuntu)を利用する際の設定をメモしておきます。VIRL のバージョンは 1.3.156 を使いました。

Mac Mini 用の ESXi インストールイメージを作成する

virtuallyGhetto は有用な情報が満載で、よく参考にさせて貰っています。How to build custom ESXi ISO for Apple Mac Mini? という記事では Mac Mini 用 ESXi インストールイメージの超簡単な作成手順が記載されています。今回は CentOS7 上で作業しました。

mosh を使い、不安定な通信環境でもターミナルセッションを利用する

通常の SSH だと不意に通信が切断されてしまうと、通信が復帰してもセッションが切断されてしまいます。mosh を使うと通信が切断・復帰すると自動的にセッションを再接続してくれますので不安定な回線でも安心して作業出来ます。

kvm 用の ONIE をビルドしてみる

ツチノコブログで ONIE を Build する手順が公開されています。こちらでは Docker イメージ自体をビルドしていますが、これを DockerHub でビルドしました。また、このイメージを利用して実際に kvm 用の ONIE をビルドしてみました。

Docker のベースサイズを拡張する

Docker コンテナが利用可能なストレージサイズのことをベースサイズ(basesize)と呼びます。デフォルトではコンテナあたり、10GB です。これでは不足な場合、サイズを拡張することが出来ます。今回はサイズの拡張手順をメモしておきます。今回は CentOS7 で…

Cisco ASA で AnyConnect 専用ユーザを作成する

Cisco ASA でローカル認証させる AnyConnect 専用ユーザを作成する場合は以下のように設定します。以下の例ではユーザ名を「AC-ONLY-USER」、パスワードを「PASSWORD」としています。

自分用・検証用 CentOS 作成手順メモ(2017/01/14 版)

以前に vSphere に検証用 CentOS を作成する際の手順を記載したのですが、そのアップデートです。基本的に自分用のメモです。

vSphere Integrated Containers (VIC) 1.0 をためしてみる。

昨年末、vSphere Integrated Containers (vIC) の 1.0.0 がリリースされました。 【VMware発表】企業のコンテナ利用を加速する vSphere Integrated Containers VMware、vSphereをDockerコンテナ対応にする「vSphere Integrated Containers」正式リリース vSp…

CentOS7 を iSCSI ターゲットにする

CentOS7 を iSCSI ターゲットにする手順をメモしておきます。

MikroTik で指定した時間に・指定したスクリプトを実行する

MikroTik の RouterOS では「指定した時間に・指定したコマンド(スクリプト)を実行する」という設定が出来ます。お子さんがいる家庭では「子供が深夜まで夢中になって困る」という悩みをお持ちかも知れませんが、RouterOS を使うと例えば「子供用の SSID …

Cisco ASA で AnyConnect 接続中のユーザ数や詳細を確認する

Cisco ASA で AnyConnect 接続しているクライアント数を確認するには show vpn-sessiondb を使います。

mdstore で悪意のあるドメイン名の一覧を取得する

mdstore を使うと悪意のあるドメイン名のブラックリストを取得することが出来ます。GitHub のトップページには以下のように書かれています。 mdstore is Malicious Domain name Store, maintainance engine of blacklisted domain name. It downloads blackl…

CentOS7 で ConfigCollector を使ってネットワーク機器のコンフィグを自動取得する

taijiji さん作の ConfigCollector はネットワーク機器のコンフィグを自動取得するツールです。Qiita のルータコンフィグ収集ツールConfigCollecor作りましたページには GitHub からソースコードを取得して環境構築する手順が紹介されていますが、今では pip…

ASA への AnyConnect 接続時、複数の宛先を選択出来るようにする

複数の Cisco ASA への AnyConnect を切り替えて作業する場合は予め、AnyConnect Profile に接続先サーバを記載しておくと便利です。macOS の場合、AnyConnect Profile を /opt/cisco/anyconnect/profile/Profile.xml に以下の内容で新規作成します。

Cisco ASA でルート証明書をインポートする

Cisco ASA でルート証明書をインポートする手順をメモしておきます。ASA 9.6(2) で検証しました。

ASA の AnyConnect で使う証明書を入れ替える

Cisco ASA で AnyConnect を利用する場合に SSL-VPN 接続先の SSL/TLS サーバ証明書を入れ替える手順についてメモします。証明局は公的なものでは無く、Linux 上に Easy-RSA を使って構築します。

ASA の ASDM で設定したコンフィグを把握する

Cisco ASA で ASDM から設定を行う際、「ASDM の GUI 上で行った設定が、どのようなコンフィグに変換されているか?」を知るには ASDM → Tools → Preferences の「Preview commands before sending them to the device」にチェックを入れます。これで ASDM …

Cisco ASA で RSA 鍵ペアを削除する

Cisco ASA で RSA 鍵ペアを削除するには crypto key zeroize rsa を実行します。

Cisco ASA 9.6(2) で AnyConnect の基本設定を行う

Cisco ASA で AnyConnect 用のコンフィグをメモしておきます。ASA は 9.6(2) を使いました。

Cisco ASA で ASDM のバージョンを変更する

Cisco ASA で ASDM のバージョンを変更する手順をメモしておきます。ASA は 9.6(2) を使いました。ASDM は 7.4(1) → 7.6(2)150 へ変更します。

Ubuntu 16.x に ryu をインストールする

久しぶりに Ubuntu 16.x へ ryu をインストールしました。インストール手順をメモしておきます。

CentOS7 で nmcli を使って NIC の MTU 値を変更する

CentOS7 になってから、ネットワーク関連の設定変更は(直接、設定ファイルを修正するのでは無く)nmcli を使って実施するのが推奨になりました。今回は nmcli を使って NIC の MTU 値を変更する方法をメモしておきます。

Cisco Catalyst でのルーテッドポート用 MTU 値の変更方法(system mtu routing)

前回、Cisco Catalyst での MTU 設定方法(system mtu jumbo)というメモを書いたのですが、今回はその続きです。 今回は Cisco Catalyst のルーテッドポートの MTU サイズを変更してみます。system mtu routing で設定変更可能なのですが、1,500 〜 system …

Cisco Catalyst での MTU 設定方法(system mtu jumbo)

Cisco Catalyst プラットフォームで MTU サイズを変更する手順をメモしておきます。今回は Gigabit Ethernet ポートで利用される System Jumbo MTU 値をデフォルトの 1,500bytes から 9,000bytes へ変更します。

ElasticSearch + Kibana + Fluentd で NetFlow コレクタを作成する

ElasticSearch + Kibana + Fluentd で NetFlow コレクタを作成する手順をメモしておきます。