読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

Ubuntu 16.x に ryu をインストールする

久しぶりに Ubuntu 16.x へ ryu をインストールしました。インストール手順をメモしておきます。

APIC-EM の API にアクセスしてみる

APIC-EM は GUI 上からデバイスを管理出来ますが、APIC-EM の API へアクセスすることによって管理されている機器の情報を利用することが出来ます。今回は Python を使って APIC-EM の API へアクセスしてみます。

APIC-EM から Path Trace を実行する

Cisco APIC-EM から Path Trace を実行すると「トラフィックがどの経路を通っているのか?」というのを可視化することが出来ます。今回は Path Trace の実行方法をメモしておきます。

APIC-EM にデバイスを登録する

Cisco の APIC-EM (Application Policy Infrastructure Controller Enterprise Module) にデバイスを登録する手順をメモしておきます。APIC-EM は日々進歩している (言い過ぎ?) ので、バージョンによって画面や操作が異なる可能性があります。

Cisco ACI を CLI から curl を使って制御する

Cisco ACI には主に以下のような状態確認/設定変更の手段があります。 Web GUI (Web GUI に付属する) API Inspector Visore Cobra SDK APIC REST to Python Adapter ACI Toolkit APIC 上の CLI 今回は外部 Linux の CLI 上から curl を使って「ACI へのログ…

acitoolkit を使って Cisco ACI から Subnet 情報一覧を取得する

Cisco ACI 標準の Web 管理画面では Bridge Domain ごとに設定した Subnet 情報を一覧で見ることが出来ません。同一 Tenant 内であれば下図のように Bridge Domain 配下の Subnet をひとつひとつ展開し、アドレスを表示させる… ということも不可能ではありま…