らくがきちょう

なんとなく

Windows 10 に FluentTerminal を入れ WSL をデフォルトにする

Windows 10 に Fluent Termianl をインストールする手順をメモしておきます。

Amazon Linux2 初期化用シェルスクリプト

AWS

しばしばテスト用の Amazon Linux2 を構築するのですが、自分なりの初期設定をスクリプト化してみました。「初期設定を手間なくすませる」方法は、他に以下が考えられると思います。 Ansible で初期設定用の Playbook を作成する 初期設定を済ませた AMI を…

Windows の WSL2 な Ubuntu に homebrew をインストールする

macOS のパッケージマネージャとしてお馴染みの homebrew が WSL にも対応したそうなので、実際に WSL2 へインストールしてみました。 インストール手順は公式サイトに記載されています。

AWS S3 で同じ名前の Bucket を再作成する場合は時間を空ける必要がある

AWS

Amazon S3 で Bucket を「意図しないリージョン」で作成してしまった際、やむを得ず、一旦 Bucket を削除して「意図したリージョン」で作成するケースがあるかも知れません。 但し同じ名前で S3 Bucket を再作成する場合、(リージョンの一致・不一致に関わら…

curl で Cisco SD-WAN の REST API を試してみる

Cisco SD-WAN (旧 Viptela) の REST API を curl を使って簡単に試してみましたのでメモしておきます。

Python の ntplib を使った NTP クライアントサンプル

Python には PyPi に ntplib というライブラリがあり、手軽に NTP の動作をコーディングすることが出来ます。

C# で FastEnum を試す

C#

FastEnum はキャッシュを効果的に活用することで標準の System.Enum よりも速度を改善したライブラリだそうです。 今回は「どのくらい速いのか?」実際に試してみます。 言語は C# を使います。

Amazon Transcribe のテキスト化精度を試す

AWS

現時点における Amazon Transcribe の「日本語ファイルのテキスト化精度」を確認すべく、ネット上にあった音声サンプルをテキスト化してみました。 尚、Custom vocabulary は未使用です。 今回、テスト結果を記載したものは「コンピュータによって合成された…

Amazon Transcribe で日本語音声ファイルをテキスト化してみる

AWS

Amazon Transcribe を使うと「音声ファイル → テキスト」へ変換することが出来ます。 この Transcribe が日本語対応したので試してみました。

AmazonLinux2 へ Zabbix Server 4.0.14 をインストールする

Amazon Linux2 に Zabbix 4.0 TLS をインストールする手順をメモしておきます。 公式サイトのダウンロードページから Zabbix をインストールしたい環境を選択すると、その環境に合わせたインストール手順もガイドされます。 基本的にはこのガイドの手順に従…

AmazonLinux2 に LDAP 認証の Squid をインストールする

今回は AmazonLinux2 上に LDAP 認証を行う Squid (プロキシ) のインストール方法をメモします。 LDAP は特定グループに所属するメンバーで認証します。

CentOS8 に caddy2 (beta6) をインストールする

Caddy はプラグインで拡張可能な高機能 Web サーバです。 但し、公式サイトからダウンロード出来るバイナリをそのまま使う場合は商用ライセンスの購入が必要なんだそうです。 Caddy は現在、バージョン 2 系が開発中だそうですが、今回はバージョン 2 をイン…

CentOS8 に Go 1.13.3 をインストールする

CentOS8 標準リポジトリ上の Go は 1.11.6 と古いです。 # dnf info golang Last metadata expiration check: 0:40:22 ago on Sun Oct 27 20:00:43 2019. Available Packages Name : golang Version : 1.11.6 Release : 1.module_el8.0.0+192+8b12aa21 Arch …

よく使うコマンドのチートシート

よく使うコマンドのオプションをまとめておきます。 随時更新します。

vSphere 6.7 でパスワードを無期限にする

vSphere 6.7 ではパスワードの有効期限がデフォルトで「90 日間」になっています。 パスワード有効期間が 30 日未満になると vSphere Web Client にログインした際、画面上部に以下のような警告が表示されます。 今回はパスワードポリシーを変更し、有効期間…

ActiveDirectory ドメインで Domain Uesrs に対して検索を行うフィルタ

Active Directory ドメイン上に存在するユーザは、明示的に設定しなくても暗黙的に (自動的に) Damain Users グループに参加しています。 しかし、Domain Users に対して通常のフィルタで検索してもメンバーを検索することが出来ません。 Domain Users に参…

Cisco IOS で時間指定再起動など、reload コマンドのバリエーションを試す

Cisco IOS で再起動を実行するには reload コマンドを使います。 reload コマンドには「今すぐ再起動する」以外にも、時間指定した再起動の実行等、バリエーションがあるのでメモしておきます。

Amazon Linux2 でポート変換する

AWS の EC2 インスタンスは複数の ENI (≒ NIC) を割り当てたり、ひとつの ENI に複数のプライベートアドレスを割り当てることが可能です。 「何個割り当てられるか?」はインスタンスタイプによって異なり、大型のインスタンスである程、最大数も増えます。 …

Cisco ACI で Global AES Passphrase Encryption を設定し、コンフィグにパスワードが含まれるようにする

Cisco ACI では初期状態でコンフィグをバックアップしても パスワード系のフィールドがコンフィグに含まれません。 これは Global AES Passphrase Encryption という設定がデフォルトでは無効になっている為です。 この設定は通常は常に有効化しておき、パス…

Cisco ACI でインポート/バックアップ先になる Remote Location を鍵交換方式で設定する

以前に Cisco ACI でコンフィグの定期バックアップ設定をするというメモを書きました。 この記事では Remote Location へのアクセス時にパスワード認証することを前提にしていたのですが、今回は鍵交換方式で認証する場合の設定例をメモします。 尚、ACI 4.2…

CentOS8 に Nginx 公式リポジトリから Nginx をインストールする

CentOS8 では新たに AppStream という仕組みが導入されたそうです。 まだ AppStream の詳細を理解出来ていないのですが、従来通りの手順で Nginx の公式リポジトリから Nginx をインストールしようとすると AppStream リポジトリが優先されてしまい、Nginx …

Apache や Nginx に SSL/TLS 設定をする

今回は Amazon Linux や CentOS へ Apache や Nginx をインストールし、SSL/TLS サーバ証明書を設定する手順をメモしておきます。 尚、SELinux や firewalld は無効化されている前提です。

Amazon Linux2 に pyenv をインストールする

Amazon Linux2 に pyenv 環境を構築する手順をメモしておきます。 pyenv 環境構築直後は amazon-linux-extras が実行出来ない為、回避策もメモしておきます。

Amazon Linux2 に Samba 4.11.1 + FreeRADIUS 3.0.13 + Keycloak 7.0.1 をインストールする

以前に Samba4 / FreeRADIUS3 / Keycloak6 の構築に関して、下記のメモを書きました。 AmazonLinux2 に最新の Samba4.10.5 をドメインコントローラとしてインストールする AmazonLinux2 に Samba4 と FreeRADIUS3 を同居させ、Samba でユーザを一元管理する …

Amazon Linux2 に Samba 4.11.1 をソースコードからインストールする

Samba 4.11.1 がリリースされていましたので、改めて Amazon Linux2 へ Samba 4.11.1 をソースコードからインストールする手順をメモしておきます。 Samba 4.11.0 では Python2 のサポートが無くなる等、幾つか大きな変更がありました。 Samba 4.11.0 → 4.11…

Cisco ACI の Capacity Dashboard でリソースの消費量を確認する

Cisco ACI では Capacity Dashboard 画面から様々なリソースの消費量を確認することが出来ます。 「消費量が分かる」ということは、逆の表現をすると「あと、どのくらい設定できるのか?が分かる」ので、キャパシティ計画を立てることが出来ます。 Capacity …

Cisco ACI を Ansible 2.8.5 で設定する

今回は Cisco ACI の設定を Ansible で自動化する手順をメモしておきます。 尚、サンプルとして理解しやすいよう、Playbook は「ひとつの機能毎に分割」しています。

Cisco ACI で取得可能なスナップショットは「50」世代まで

Cisco ACI のスナップショット機能に関して、以前に以下のメモを書きました。 Cisco ACI のスナップショット機能でコンフィグをバックアップする Cisco ACI で Snaphost が保存されるディレクトリ スナップショット機能は実装当初から使いやすい機能で、最新…

Cisco ACI へログインする C# サンプルプログラム

C# で ACI へログインするサンプルを書いてみました。 ACI 4.2(2e) で検証しましたが、ACI 側のバージョンに依存する部分はありません。 .NET Framework は 4.7.2 を使いました。 サンプルとしての分かりやすさを優先すべく、出来るだけコンパクトに書いてい…

WSL のディレクトリをエクスプローラで開く

通常、エクスプローラから WSL のディレクトリを開くことは出来ません。 しかし、WSL のプロンプトから explorer.exe . を実行することで、WSL で作業中のディレクトリをエクスプローラで開くことが出来ます。 頻繁に利用するのであれば explorer.exe . のエ…