読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らくがきちょう

なんとなく

2016 の Server Core で RDP を有効化する

Windows Server 2016 でも従来同様、sconfig から RDP を有効に出来ます。

WindowsServer 2016 の検証用設定

vSphere 上で検証用の Windows Server 2016 を作成の初期設定をメモしておきます。セキュリティは無視し、検証における使い勝手の良さを重視しています(※本番環境設定の参考にはしないでください)

Cisco VIRL 1.3.156 で生成される Server の cloud-init 用コンフィグ

Cisco VIRL 1.3.156 で Server (Ubuntu) をデザイナー上に配置し、Configuration → Build Initial Configurations を実行した際に生成される cloud-init のコンフィグをメモしておきます。必要に応じて適宜、修正して活用すると便利です。

vSphere 上の仮想マシンのディスクを擬似的に SSD として認識させる

Emulating an SSD Virtual Disk in a VMware Environment の手順通りに設定すると、vSphere 上の仮想マシンに接続されたディスクを擬似的に SSD に見せかけることが出来ます。今回は vSphere 6.0 Update2 上に作成した CentOS7 仮想マシンで試してみます。

Microsoft 公式リポジトリから Ubuntu/CentOS へ PowerShell Core をインストールする

今までも Ubuntu 向けに PowerShell Core をインストールするのが難しかったわけでは無いのですが、2017年2月10日号 PowerShell CoreのUbuntu向けリポジトリ・UWN#497によると Microsoft が CentOS や Ubuntu といった Linux 向けに yum や apt で PowerShel…

Cisco ACI で「APIC」「Spine/Leaf」を初期化する

Cisco ACI における「APIC」「Spine & Leaf」の初期化手順をメモしておきます。

VIRL で server(Ubuntu)を使う際の設定

Cisco VIRL 上で server(Ubuntu)を利用する際の設定をメモしておきます。VIRL のバージョンは 1.3.156 を使いました。

Mac Mini 用の ESXi インストールイメージを作成する

virtuallyGhetto は有用な情報が満載で、よく参考にさせて貰っています。How to build custom ESXi ISO for Apple Mac Mini? という記事では Mac Mini 用 ESXi インストールイメージの超簡単な作成手順が記載されています。今回は CentOS7 上で作業しました。

mosh を使い、不安定な通信環境でもターミナルセッションを利用する

通常の SSH だと不意に通信が切断されてしまうと、通信が復帰してもセッションが切断されてしまいます。mosh を使うと通信が切断・復帰すると自動的にセッションを再接続してくれますので不安定な回線でも安心して作業出来ます。

kvm 用の ONIE をビルドしてみる

ツチノコブログで ONIE を Build する手順が公開されています。こちらでは Docker イメージ自体をビルドしていますが、これを DockerHub でビルドしました。また、このイメージを利用して実際に kvm 用の ONIE をビルドしてみました。

Docker のベースサイズを拡張する

Docker コンテナが利用可能なストレージサイズのことをベースサイズ(basesize)と呼びます。デフォルトではコンテナあたり、10GB です。これでは不足な場合、サイズを拡張することが出来ます。今回はサイズの拡張手順をメモしておきます。今回は CentOS7 で…

Cisco ASA で AnyConnect 専用ユーザを作成する

Cisco ASA でローカル認証させる AnyConnect 専用ユーザを作成する場合は以下のように設定します。以下の例ではユーザ名を「AC-ONLY-USER」、パスワードを「PASSWORD」としています。

自分用・検証用 CentOS 作成手順メモ(2017/01/14 版)

以前に vSphere に検証用 CentOS を作成する際の手順を記載したのですが、そのアップデートです。基本的に自分用のメモです。

vSphere Integrated Containers (VIC) 1.0 をためしてみる。

昨年末、vSphere Integrated Containers (vIC) の 1.0.0 がリリースされました。 【VMware発表】企業のコンテナ利用を加速する vSphere Integrated Containers VMware、vSphereをDockerコンテナ対応にする「vSphere Integrated Containers」正式リリース vSp…

CentOS7 を iSCSI ターゲットにする

CentOS7 を iSCSI ターゲットにする手順をメモしておきます。

MikroTik で指定した時間に・指定したスクリプトを実行する

MikroTik の RouterOS では「指定した時間に・指定したコマンド(スクリプト)を実行する」という設定が出来ます。お子さんがいる家庭では「子供が深夜まで夢中になって困る」という悩みをお持ちかも知れませんが、RouterOS を使うと例えば「子供用の SSID …

Cisco ASA で AnyConnect 接続中のユーザ数や詳細を確認する

Cisco ASA で AnyConnect 接続しているクライアント数を確認するには show vpn-sessiondb を使います。

mdstore で悪意のあるドメイン名の一覧を取得する

mdstore を使うと悪意のあるドメイン名のブラックリストを取得することが出来ます。GitHub のトップページには以下のように書かれています。 mdstore is Malicious Domain name Store, maintainance engine of blacklisted domain name. It downloads blackl…

CentOS7 で ConfigCollector を使ってネットワーク機器のコンフィグを自動取得する

taijiji さん作の ConfigCollector はネットワーク機器のコンフィグを自動取得するツールです。Qiita のルータコンフィグ収集ツールConfigCollecor作りましたページには GitHub からソースコードを取得して環境構築する手順が紹介されていますが、今では pip…

ASA への AnyConnect 接続時、複数の宛先を選択出来るようにする

複数の Cisco ASA への AnyConnect を切り替えて作業する場合は予め、AnyConnect Profile に接続先サーバを記載しておくと便利です。macOS の場合、AnyConnect Profile を /opt/cisco/anyconnect/profile/Profile.xml に以下の内容で新規作成します。

Cisco ASA でルート証明書をインポートする

Cisco ASA でルート証明書をインポートする手順をメモしておきます。ASA 9.6(2) で検証しました。

ASA の AnyConnect で使う証明書を入れ替える

Cisco ASA で AnyConnect を利用する場合に SSL-VPN 接続先の SSL/TLS サーバ証明書を入れ替える手順についてメモします。証明局は公的なものでは無く、Linux 上に Easy-RSA を使って構築します。

ASA の ASDM で設定したコンフィグを把握する

Cisco ASA で ASDM から設定を行う際、「ASDM の GUI 上で行った設定が、どのようなコンフィグに変換されているか?」を知るには ASDM → Tools → Preferences の「Preview commands before sending them to the device」にチェックを入れます。これで ASDM …

Cisco ASA で RSA 鍵ペアを削除する

Cisco ASA で RSA 鍵ペアを削除するには crypto key zeroize rsa を実行します。

Cisco ASA 9.6(2) で AnyConnect の基本設定を行う

Cisco ASA で AnyConnect 用のコンフィグをメモしておきます。ASA は 9.6(2) を使いました。

Cisco ASA で ASDM のバージョンを変更する

Cisco ASA で ASDM のバージョンを変更する手順をメモしておきます。ASA は 9.6(2) を使いました。ASDM は 7.4(1) → 7.6(2)150 へ変更します。

Ubuntu 16.x に ryu をインストールする

久しぶりに Ubuntu 16.x へ ryu をインストールしました。インストール手順をメモしておきます。

CentOS7 で nmcli を使って NIC の MTU 値を変更する

CentOS7 になってから、ネットワーク関連の設定変更は(直接、設定ファイルを修正するのでは無く)nmcli を使って実施するのが推奨になりました。今回は nmcli を使って NIC の MTU 値を変更する方法をメモしておきます。

Cisco Catalyst でのルーテッドポート用 MTU 値の変更方法(system mtu routing)

前回、Cisco Catalyst での MTU 設定方法(system mtu jumbo)というメモを書いたのですが、今回はその続きです。 今回は Cisco Catalyst のルーテッドポートの MTU サイズを変更してみます。system mtu routing で設定変更可能なのですが、1,500 〜 system …

Cisco Catalyst での MTU 設定方法(system mtu jumbo)

Cisco Catalyst プラットフォームで MTU サイズを変更する手順をメモしておきます。今回は Gigabit Ethernet ポートで利用される System Jumbo MTU 値をデフォルトの 1,500bytes から 9,000bytes へ変更します。

ElasticSearch + Kibana + Fluentd で NetFlow コレクタを作成する

ElasticSearch + Kibana + Fluentd で NetFlow コレクタを作成する手順をメモしておきます。

IOS へ公開鍵認証方式を使い、パスワード無しで SSH ログインする

以前に IOS-XR(Cisco ASR 9000)へ公開鍵認証方式を使い、パスワード無しで SSH ログインする というメモを書きました。今回は従来の IOS で鍵ペアを用いてパスワード無しで SSH ログインする設定をメモしておきます。検証は VIRL 上の IOS 15.6(2)T で行い…

プリフィックス / サブネットマスク / ワイルドカードマスクの早見表

プリフィックス / サブネットマスク / ワイルドカードマスクの早見表です。

Cisco IOS でコンフィグを行番号付き表示する

Cisco IOS では show running-config linenum でコンフィグを行番号付きで表示出来ます。

YouTube の設定手順動画をローカルにダウンロードする

最近はメーカーが設定手順を YouTube 等の動画サイトにアップロードしてくれており、非常に参考になります。しかし、データセンター等で作業する際の参考用にこういった動画をローカルにダウンロードしておきたい… といった場合もあると思います。そういった…

Cisco IOS から MyDNS の DDNS サービスを利用する

Cisco IOS から MyDNS の DDNS サービスを利用する設定をメモしておきます。検証は IOS 15.1(4)M6 で行いました。

CentOS7 に PowerDNS をインストールする

CentOS7 に PowerDNS をインストールする手順をメモしておきます。バックエンドには MariaDB を使いました。

VIRL の Neutron で DHCP サービスを無効化し、外部 DHCP サーバを利用する

以前に VIRL 上の機器を外部ネットワークと L2 接続する という記事を書きました。この記事の通りに設定すれば flat ネットワーク経由で VIRL 上のノードを外部ネットワークと L2 接続することが可能ですが、検証ノードで DHCP を有効にしても Neutron が提…

chrony での時刻同期状態を確認する

CentOS6 までは標準の NTP デーモンとして ntp が利用されてきました。しかし、CentOS7 ではこれが chrony に置き換わりました(CentOS7 を最小構成でインストールした場合のみ、chrony も ntp もインストールされません)。chrony で時刻の同期状態を確認す…

vSphere 6.5 に VIRL をデプロイ出来ない…? → 出来た!

(2016/12/25 追記)vSphere 6.5 に VIRL をデプロイ出来ました。後半に追記。 vSphere 上で VIRL を使う場合、通常は .ova ファイルをデプロイするだけです。しかし、vSphere 6.5 になってからは VIRL 1.2.64 であっても、1.2.83 であっても、いずれにして…

vSphere 6.5 + MikroTik 間を LACP/Bonding で設定する(失敗)

vSphere 6.5 と MikroTik 6.27.3 の間を LAG / Bonding 構成にする設定例をメモしておきます。が、結果、上手くいっていません…

CentOS7 + FireFox で vSphere 6.5 の Flash 版 WebUI にアクセスする

vSphere Web Client へのアクセスがサポートされるのは「Windows または macOS」と「FireFox または Chrome」の組み合わせのようです。ですが、Linux + FireFox の組み合わせでも動作しないわけではありません。vSphere 6.5 からは(従来の Flash 版に加えて…

最小構成の CentOS7 に Xfce + xrdp をインストールする

最小構成の CentOS7 にウインドウマネージャとして Xfce をインストールし、更に(VNC では無く)RDP で接続出来るように xrdp をインストールする手順をメモしておきます。

CentOS で最新のカーネル以外を削除する

CentOS で最新のカーネルだけを残し、古いカーネルを削除するには yum-utils に含まれる package-cleanup を使うと便利です。具体的には以下のように実行します。 yum -y install yum-utils package-cleanup --oldkernels --count=1 -y

MikroTik を L3SW ライクに Access / Trunk ポートを設定する

MikroTik を L3SW のように設定した際のコンフィグをメモしておきます。具体的には MikroTik に VLAN を設定し、ダウンリンク側はアクセスポート、アップリンク側はトランクポートとして設定します。

CentOS7 に PowerShell v6.0.0_alpha.13-1 をインストールする

CentOS7 に PowerShell をインストールした際のメモです。現時点で Linux 版 PowerShell のバージョンは v6.0.0-alpha.13 でした。

Linux で一時的に alias を無効にする

CentOS7 の初期状態では alias が以下のように設定されています。 # alias alias cp='cp -i' alias egrep='egrep --color=auto' alias fgrep='fgrep --color=auto' alias grep='grep --color=auto' alias l.='ls -d .* --color=auto' alias ll='ls -l --colo…

MikroTik を L2TP サーバにして macOS から接続する

MikroTik の RouterOS を L2TP サーバにする設定例をメモしておきます。macOS からのみ、接続確認しました。

CloudCenter のログイン情報

Cisco CloudCenter は以下の 4 コンポーネントから構成されます。 CCM (CloudCenter Manager) CCO (CloudCenter Orchestrator) AMQP (Advanced Message Queuing Protocol) Monitor (Cloud Health Monitor) 各コンポーネントは Linux ベースで動作しており、…

macOS で Ansible を使うときのインベントリファイルのパス

macOS に homebrew で Ansible をインストールした場合、インベントリファイルの位置は /usr/local/etc/ansible/hosts になるようです。これは ansible --help した際の -i INVENTORY オプション部分の説明に表示されます。